原題:L'ombre des femmes / In the Shadow of Women

2015年/フランス/カラー/73分
配給:ビターズ・エンド

2017年1月、シアター・イメージフォーラムにて公開

(C)2014 SBS PRODUCTIONS - SBS FILMS - CLOSE UP FILMS - ARTE FRANCE CINÉMA

公開初日 2017/01/予定

配給会社名 0071

解説


ヌーヴェルヴァーグの”恐るべき子供”として注目を集め、『ギターはもう聞こえない』(ヴェネチア国際映画祭 銀獅子賞受賞)『愛の誕生』『夜風の匂い』『恋人たちの失われた革命』(第62回ヴェネチア国際映画祭銀獅子賞受賞)など、私生活を反映させた、数々のほろ苦くも美しい恋人たちの姿を描き続けてきたフィリップ・ガレル監督。

最新作で描かれるのは、ドキュメンタリー作家ピエールと、二人三脚で映画を撮っている妻マノン。
そこに、ピエールと偶然出会い恋に落ちていく若い研修員エリザベットが加わり、それぞれの関係性は変化していく——。
滑稽だけれど愛おしい、男と女の愛の形を、軽やかなタッチで描き出します。

共同脚本として、ルイス・ブニュエル『昼顔』、『ブルジョワジーの秘かな愉しみ』、ジャン=リュック・ゴダール『勝手に逃げろ/人生』など名だたる監督たちとタッグを組んできたジャン=クロード・カリエールが参加。また、エリック・ロメール『満月の夜』、ルイ・マル『さよなら子供たち』でセザール賞最優秀撮影賞受賞した巨匠レナート・ベルタが撮影監督を務めるなど、映画界を牽引してきた錚々たるスタッフが集結しました!

ストーリー

ピエールとマノンは公私ともに良きパートナー。マノンは、低予算のドキュメンタリー映画を制作する夫ピエールの才能を信じ、取るに足らない仕事をして支えている。映画制作に行き詰まりを感じていたある日、ピエールは若い研修員のエリザベットと出会い、愛人にする。
しかし、愛しているのは、エリザベットの身体だけ。自分を信じ、裏切ることのない妻マノンと別れるつもりはない。
ピエールは罪悪感もないままに、2人と関係を続けることにした。
あるときエリザベットはピエールの妻マノンが浮気相手と会っているところを目撃し、ピエールに告げる—。

スタッフ

監督:フィリップ・ガレル

キャスト

クロチルド・クロ
スタニスラス・メラール

LINK

□IMDb
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す