原題:I'M STILL HERE

ハリウッドのトップスターが数億円の私財を投げ打ち、
2年間仕事を放棄してまで作りたかった史上最大のお騒がせ映画

2010年/アメリカ/英語/カラー/ 108分/35mm/ビスタサイズ/ステレオ
配給:トランスフォーマー

2012年10月05日よりDVDリリース
2012年4月28日(土) シネマライズ他 全国順次ロードショー!

(c) 2010 Flemmy Productions, LLC

公開初日 2012/04/28

配給会社名 0248

解説


2度もアカデミー賞®候補に選ばれながら、突然の俳優引退とまさかのラッパー転向!?
全米が激怒した、最高に迷惑でクレイジーな<超お騒がせ>ドキュメンタリー!
2008年末。故・リヴァー・フェニックスの実弟であり、『グラディエーター』『ウォーク・ザ・ライン』で二度もオスカー候補に選ばれた世界的スター、ホアキン・フェニックスが、突然の【俳優引退とラッパー転向】を宣言、突如として表舞台から姿を消した。そのニュースは瞬く間に世界中を駆け巡り、ファンたちは悲しみの涙にくれた。それから数カ月後、既に完成していた主演作PRのため、一度だけTVの生放送に出演したホアキン。だが見る影もなく激太りし、長い髭は生やし放題、明らかに挙動不審で、会話すらままならない。「彼は精神的に疲弊し、薬物に溺れてしまったのだ…」人々はそう囁き、誰もが彼を心から心配していた。一体ホアキンの身に何が起きたのだろうか…。

ストーリー





パリス? ガガ? そんなのまだまだガキんちょだ!
史上最“狂”のセレブスターが、数億円の私財を投げ打ち、2年間も仕事を放棄して作り上げた“大ウソ”とは?
それから2年。その後のホアキンに密着した映画が全米で公開された。そこには、彼が人生に苦悩しながらも、ラッパーを目指し必死で生きる姿が映し出されている……ハズだった!しかし、公開から2週間後、実は引退も苦悩も大ウソで、すべては彼の悪趣味なジョークだったことが発覚。実際に引退表明以降すべての仕事をキャンセルし、巨額の自費を注ぎこんでまで作り上げた、この一世一代の大イタズラに、アメリカ中がすっかりダマされていたのだ!この日から、同情ムード一色だった世論は一変、彼の熱心なファンまでもが大激怒し、ホアキンは一瞬にして全国民を敵に回してしまったのだった。

オスカー候補俳優ケイシー・アフレック、凶気の監督デビュー作!
ブルース・ウィリス、ベン・スティラー、ジャック・ニコルソン…あのハリウッドスターもみ〜んなダマされ大激怒!
この壮大なイタズラの片棒を担ぐのが、ベン・アフレックの実弟であり、『ジェシー・ジェームズの暗殺』でアカデミー賞ノミネート経験をもつ人気俳優ケイシー・アフレック。義兄でもあるホアキンに密着し、親友ならではの見事な悪巧みで、衝撃的な監督デビューを果たした。また本作では、ブルース・ウィリスやジャック・ニコルソン、ベン・スティラーといったセレブ達が次々とダマされていく様子も克明に記録。さらに「ラッパーになりたい」という彼の熱意に応えてプロデュースを引き受けた超大物プロデューサー、ディディの哀れな姿も…。全世界に無数の被害者を生み出した、前代未聞の珍事件。容疑者の名は、ホアキン・フェニックス。3億人が呆れ返った騒動の一部始終が今、スクリーンで裁かれる!

スタッフ

監督:ケイシー・アフレック
製作:ケイシー・アフレック / ホアキン・フェニックス 
撮影:ケイシー・アフレック / マグダレーナ・ゴルカ
編集:ケイシー・アフレック / ドディ・ドーン

キャスト

ホアキン・フェニックス
アントニー・ラングドン
ケイリー・ペルロフ
ラリー・マクヘイル
ケイシー・アフレック
ジャック・ニコルソン
ブルース・ウィリス
ダニー・デヴィート
ベン・スティラー
ショーン・コムズ(ディディ)
ジェイミー・フォックス
ビリー・クリスタル
ダニー・グローヴァー

LINK

□公式サイト
□IMDb
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す
http://youtu.be/xo4G0tbE2ik
ご覧になるには Media Player が必要となります