再び、『渡り廊下走り隊7』が監禁

2012年/日本/カラー/??分/
配給:ジョリー・ロジャー

2012年08月02日よりDVDリリース
2012年4月21日(土)ユナイテッド・シネマ豊洲より全国順次公開

(C)2011 山田悠介・幻冬舎/「×ゲーム2」製作委員会

公開初日 2012/04/21

配給会社名 0903

解説


今、若者の間でも、もっとも人気の高い作家・山田悠介。
独創的な世界観と、体験した事のない恐怖を味わえるストーリーに映像化が相次ぎ、そして今、昨年ホラー・サスペンス界に衝撃を与えた作品が再び幕を開けた。

2010年秋、公開した「×ゲーム」(山田悠介原作・幻冬舎)は、原作にオリジナル感を加え、映像化で若者達に衝撃を与えました。
幼き頃にイジメを受けた者が大人になり、イジメのスケールを拡大し、復讐劇となる。
そのコンセプトを基に、今回の「×ゲーム2」は、復讐劇に至る人々のヒューマン性と、前回を上回る地獄の体罰を描いています。

そして本作の注目するもう一つの点は、前作に出演したAKB48内のユニットグループ『渡り廊下走り隊7』の菊地あやかと仲川遥香からバトンタッチされ、主演に多田愛佳が好演。よりサスペンスに、よりハードに執行されたイジメの復讐劇にご期待下さい。

ストーリー






その組織は確かに存在した…

イジメの復讐を代行する組織——
そんな噂が巷で囁かれていた。
その情報が、とある新聞社の週刊誌の編集マン・尾藤(ユキリョウイチ)の元に届く。
興味を示さない尾藤に正式に取材の命令が下った。

その頃、女子学生・佐伯美鈴(多田愛佳)が帰宅した自宅で何者かに襲われ連れ去られる。
気が付くと、そこは学校と思しい教室。
更にそこにはネイリストの荻原裕子(平嶋夏海)、PTA役員の村上知加子、ニートの田島新太郎、野蛮な薮田秋司が同じく閉じ込められていた。
どうやらそれぞれが強制的に連れてこられたようだった。
頑丈に囲まれた教室。逃げようと試みる5名をあざ笑うかのように出口が塞がれ監視されている。
そして部屋に置かれているモニターから強制的に授業が行われ、問題が出される。
その問題に答えられなかった時、悪夢の「×ゲーム」が執行されるのだ。

尾藤は刑事の木下(名高達男)と接触し、組織による事件の情報を掴む。
その情報を手に取材を重ねるに連れ、組織に近づく尾藤。

同時に監禁された美鈴を含む5名は、地獄のサバイバルゲームと化していく。
佐伯美鈴は荻原裕子は助かるのか。
ゲームが進む事で見えてくる不可解な事実。5名の運命は…。

スタッフ

監督:山田雅史
製作:佐藤達雄、大橋孝史
プロデューサー:岡田慎一、上野境介、平野貴之
原案:山田悠介
脚本:赤松義正
撮影:早坂伸
照明:福長弘章
録音:弥栄裕樹
美術:山下修侍
音楽:佐藤和郎
主題歌:ν[NEU] 新曲「Restless Love」
制作協力:EDO WONDERLAND Studio

キャスト

多田愛佳(AKB48/渡り廊下走り隊7)
平嶋夏海
ユキリョウイチ
朝加真由美
菊池均也
瀬戸カトリーヌ
名高達男

LINK

□公式サイト
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す
http://www.youtube.com/watch?v=tZqPFQA5GR8
ご覧になるには Media Player が必要となります