原題:JOURNEY 2: THE MYSTERIOUS ISLAND

2012年/アメリカ/カラー/94分/
配給:ワーナー・ブラザース映画

2012年07月18日よりDVDリリース
2012年3月31日(土)より新宿バルト9、梅田ブルク7 他 全国ロードショー

(C)2011 NEW LINE PRODUCTIONS

公開初日 2012/03/31

配給会社名 0085

解説


海外では既に封切りされている本作。日本での公開を間近に控え、世界中で前作をはるかに上回る大ヒットを記録し、次々と興行成績の記録を塗り替えていることがわかった。さらには、世界中で約3億ドル以上を稼ぎだしている大ヒットを受け、ニュー・ライン・シネマが続編制作に向けて動き出したことが判明。監督のブラッド・ペイトン、脚本のブライアン・ガン、マーク・ガンは既に契約を結んでおり、プロジェクトは2014年公開に向けて既に始動している。また、ドウェイン・ジョンソンが『センター・オブ・ジ・アース』シリーズの3作目出演へ向けて、ニューライン・シネマと交渉に入ったとザ・ワープは伝えた。ジョンソンは『センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島』でハンク役で出演しており、2008年の『センター・オブ・ジ・アース』でトレバー・アンダーソンを演じたブレンダン・フレイザーに変わり主役を演じている。
『センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島』は、全世界の興行成績で3億ドル記録し、4週連続一位を獲得している。1作目は2億4,200万ドルであった。
国内では9000万ドルを稼ぎ出した。本作は世界公開が1月19日、北米公開が2月10日した、日本を含む幾つかの地域では未だ公開が控えている。
ジョシュ・ハッチャーソンは『センター・オブ・ジ・アース』、『センター・オブ・ジ・アース2 神秘の島』両方に出演している。ジョシュ・ハッチャーソンと、ドウェイン・ジョンソン演じるキャラクターが3作目で再び戻ってくるかもしれない。

ストーリー


17歳になったショーン(ジョシュ・ハッチャーソン)は危険な海域にある謎の島から避難信号をキャッチする。その発信源を追跡するため旅に出ようとする彼に、やむなく付き添うことになった新しい義理の父親ハンク(ドウェイン・ジョンソン)。ふたりは唯一ガイドを引き受けてくれたヘリコプター操縦士ガバチョ(ルイス・ガスマン)と、彼の娘のカイラニ(バネッサ・ハジェンズ)と共に“嵐の目”を通って島にたどり着く。そこに待っていたのはショーンの冒険家のおじいちゃん、アレキサンダー(マイケル・ケイン)だった。そしてその島こそ、かつてジュール・ヴェルヌが書いた“神秘の島”だったのだ!そこでは小さいものは大きく、大きいものは小さいという、想像をはるかに超えた生物たちが生息していた。しかし島はやがて、水没し始める。彼らはその前に脱出しなければならない。さまざまな障害が立ちはだかる中、果たして彼らの運命は……!?

スタッフ

監督:ブラッド・ペイトン
脚本:ブライアン・ガン、マーク・ガン
撮影:デヴィッド・タッターサル

キャスト

ジョシュ・ハッチャーソン
ドウェイン・ジョンソン
ルイス・ガスマン
ヴァネッサ・ハジェンズ
マイケル・ケイン
クリスティン・デイビス

LINK

□公式サイト
□IMDb
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す