豪華男性声優陣による、世界初のささやきムービー 体感型ビジュアルサウンドドラマ劇場企画

2011年/日本/カラー/??分/ 配給:日活

2011年11月26日(土)シネ・リーブル梅田ほか順次ささやきロードショー! 2011年10月29日(土) シネリーブル池袋、センチュリーシネマ ほか順次全国ささやきロードショー!

©2011 ヒカリ製作委員会

公開初日 2011/10/29

配給会社名 0006

解説

映画館で愉しむ新たなコンテンツ誕生!
当作品は映画館で、ヘッドフォンを使用することで人気男性声優たちの“ささやき”や“会話”を耳元で体感することができるという新機軸コンテンツです。音声収録には人間の頭部を模したマイク“ダミーヘッド”を用いて、人間の聴覚がとらえているかのような音作りを可能とする“バイノーラル録音”を採用。これによって登場人物の位置や距離感がリアルに再現され、体感者はさながらそのシーンに存在しているかのような体験をすることができるのです。またこの『ヒカリ』は、テレビ愛知、AT-Xで高視聴率をたたき出しているバラエティー番組『声優バラエティー SAY!YOU!SAY!ME』から生まれた企画です(sayyousayme.jp)。

ストーリー

高専生の“あおい”はソーラーカーチームのマネージャー。ある日、ドライブ中に大事故に見舞われ恋人を亡くしてしまう。彼女は一命は取り留めたものの、精神的なショックから視力を失ってしまった。あおいに視力と笑顔を取り戻してもらおうと、励ましにやってくるチームの仲間たち。 しかしあおいの視力は戻らない。ある日、チームに新しくドライバーがやってくる。死んだ恋人とそっくりな声の持ち主“啓介”だった。 失った恋人に声は似ているが、性格はまったく正反対の啓介。しかし、あおいの心は次第に彼に惹かれてゆく。そんな二人と、あおいへ淡い 思いを抱くチームメイトの司、修二、浩太たちそれぞれのひと夏のストーリー。 あおいに訪れるクライマックスは、映画館ならではの仕掛けが…!

スタッフ

原作:Project HIKARI 監督:岩浪美和 制作:スタジオマウス

キャスト

神谷浩史(「夏目友人帳 参」「トワノクオン」) 小野大輔(「黒執事」シリーズ、「涼宮ハルヒ」シリーズ) 野島健児(「BLOOD-C」「SKET DANCE」「ゲーム VitaminZ」シリーズ) 岡本信彦(「青の祓魔師」「神様ドォルズ」「セイクリッドセブン」) 森川智之(「戦国BASARA」シリーズ、「スターウォーズ」シリーズ)

LINK

□公式サイト
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す