原題:Underwater Love - A Pink Musical

2011年/日本・ドイツ/カラー/ミュージカル/HD/86分 配給:SPOTTED PRODUCTIONS

2011年10月8日〜ポレポレ東中野、10月22日〜ユーロスペース 2011年10月下旬〜ドイツ6都市他全国順次公開

©2011 国映株式会社/Rapid Eye Movies/インターフィルム

公開初日 2011/10/08

配給会社名 0783

解説


ピンク映画を中心としたそのフィルモグラフィーに、男女問わず熱狂的なファンを持ついまおかしんじ監督の最新作は、前代未聞の日本×ドイツの合作ピンク映画。しかも日本の誇る偉大なる妖怪「河童」をテーマにしたミュージカル映画である。さらに撮影にはウォン・カーウァイ作品を始めとしたアジア映画からハリウッド映画まで幅広く活躍、日本の映画ファンにもその名前を響かせて来たクリストファー・ドイルを迎え、音楽にはドイツの人気ポップデュオ”ステレオ・トータル”が担当(歌詞はすべて日本語!)。共同脚本に大作『キツツキと雨』(沖田修一監督作品)が控える守屋文雄が参加。本作が本格的な主演映画となる正木佐和がヒロイン・明日香を熱演。そして河童役にはかつて松江哲明監督のドキュメンタリー映画『童貞。をプロデュース』への出演で一躍脚光を浴びた梅澤嘉朗を抜擢。Vシネマなどで活躍中の成田愛、いまおかしんじ作品の常連俳優・吉岡睦雄(『婚前特急』)などが脇を固める。未だかつて誰も観た事の無いエロス×河童×ラブストーリー×ミュージカルのコラボレーション、ここに誕生!

ストーリー

缶詰工場で働く明日香(正木佐和)は、恋人・滝はじめ(吉岡睦雄)との結婚を間近に控える幸福な日々を送っていた。そんなある日、彼女の高校時代に水死したはずの同級生・青木哲也(梅澤嘉朗)が河童となって目の前に現れる。青木は同じ工場でも働くようになり、何かと明日香につきまとい、同僚の麗子(成田愛)からも好意を持たれるようになる。そんな奇妙な日々の中、青木の元に死神(守屋文雄)が姿を現すようになる。明日香の命が間もなく終わるというのだ。その運命を変えたいと願う青木は明日香の手を取り、河童の里へと向かった…。

スタッフ

監督:いまおかしんじ 脚本:守屋文雄、いまおかしんじ 撮影:クリストファー・ドイル 音楽:ステレオ・トータル 編集:目見田健 振付:鹿野裕子 通訳:後藤太郎 企画:朝倉大介、ステファン・ホール、樋上幸久 プロデューサー:高津戸順、森田一人 アソシエイト・プロデューサー:相原裕美、坂口一直 製作:国映株式会社、Rapid Eye Movies、インターフィルム 製作協力:Vパラダイス

キャスト

正木佐和 梅澤嘉朗 成田愛 吉岡睦雄 守屋文雄 大西裕 佐藤宏

LINK

□公式サイト
□IMDb
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す