りんたろう監督が世界中の子供たちに贈る、
信じる心と友情の大切さを描いたアドベンチャーファンタジー

2009年/日本/カラー/??分/
配給:松竹

2010年11月26日よりDVDリリース
2009年12月23日(水・祝)よりクリスマス・ロードショー!

(c) 2009 りんたろう・マッドハウス/「よなよなペンギン」フィルムパートナーズ・DFP

公開初日 2009/12/23

配給会社名 0003

解説


『銀河鉄道999』や『幻魔大戦』など、数々の名作で知られる、りんたろう監督が、フルCGアニメーションへ挑戦!
『パプリカ』、『時をかける少女』などのマッドハウスと強力タッグを組み、さらにCGは、日本・フランス・タイの3か国のプロダクションが共同で制作!『よなよなペンギン』の世界観に感銘を受けたフランスのデニス・フリードマン・プロダクションズや、シンガポール最大のメディア企業メディア・コープがプロジェクトの出資参加を熱望し、全世界へ向けて発信する一大プロジェクトが誕生しました!まるで、精巧かつ丹念に創られた飛び出す絵本のように美しい世界と、玩具箱から飛び出してきたように楽しく動き回るキャラクターたち。もはやアニメーションというジャンルでは括れない、世界でたった一つのワンダーランド、『よなよなペンギン』は12月公開です。

公開に先立ち、今回の声優と主題歌が決定。主役のペンギン少女ココを演じるのは、実写版「ちびまる子ちゃん」でブレイクした森迫永依(11歳)。そして、今回の主題歌「アミーゴペンギン」を歌うのは、ココ(森迫永依)とアミーゴペンギンズという、本作のオリジナルユニット。作詞曲・プロデューサーとしてKinki Kidsなどへの楽曲提供でも知られる堂島孝平を迎え、映画の世界観を賑やかに彩ります。この楽曲は、12月の公開に先立ち、今秋にVAPからのCD発売が予定されています。

ストーリー

ペンギンコートに身を包み、夜の街を“よなよな”歩き回る少女、ココ。
ペンギンが大好きなココは、ある日、道でペンギンのカプセルを拾います。その中から現れたフィギュアが突然動き始め、ココをペンギンストアの開店セールへ招待します。店に並ぶ色とりどりのペンギングッズに狂喜するココ。ところがそれは、ゴブリンの少年チャリーが、自分たちの住む地下世界にココを連れて行くためでした。空飛ぶペンギンソファに乗って、ゴブリン村に着いたココは、熱狂的な歓迎を受けるのです。“勇者・飛べない鳥”として・・・。
“勇者・飛べない鳥”とは何なのか?ゴブリン村で出会った、おデブのザミーの正体は?そして、ココとゴブリン村の運命は?今、ココと不思議な仲間たちの世界を救う大冒険が始まる!!

スタッフ

原作:りんたろう/マッドハウス
企画:丸山正雄/りんたろう
監督:りんたろう 『銀河鉄道999』 『幻魔大戦』 『メトロポリス』
脚本:金春智子 『それいけ!アンパンマン いのちの星のドーリィ』 『火の鳥 鳳凰編』
キャラクターデザイン:寺田克也 『BLOOD THE LAST VAMPIRE』
制作 : マッドハウス 『時をかける少女』 『パプリカ』 『ピアノの森』

キャスト

(声の出演)
森迫永依

LINK

□公式サイト
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す