人々を救うヒーロー登場!爆裂的に鎮圧せよ!

2008年/日本/カラー/??分/
配給:松竹

2008年12月20日(土)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー 
同時上映『爆走!トミカヒーローグランプリ』

(C)「トミカヒーロー レスキューフォース」製作委員会

公開初日 2008/12/20

配給会社名 0003

解説



冬休み、レスキューフォースが映画になる!!

常識を超えた災害「超災害」が世界各地で多発! 人類滅亡を企む謎の組織「ネオテーラ」の仕業だ。世界消防庁は超災害を鎮圧するため、5人の若き精鋭を集め、特別救助機動部隊「レスキューフォース」を結成した。彼らは超災害発生と共に緊急出場、スーパービークルとレスキューツールを駆使し、あらゆる危機から人々を救い出す!
合言葉は「SAVE THE LIFE」。レスキューフォースよ、超災害を爆裂的に鎮圧せよ!
テレビ愛知発・テレビ東京系他にて大好評放送中の「トミカヒーロー レスキューフォース」が、遂に映画化されます! 2008年4月よりスタートしたTVシリーズは、「敵と戦う」のではなく、「災害の危機から人々を守り、救い出すヒーロー」という新しいコンセプトのもと誕生しました。1970年の発売以来、累計5億台以上を販売している、日本を代表するミニカーのブランド「トミカ」から生まれたビークルの魅力と、それを自在に操るヒーローのかっこよさに、子供たちは「自分もレスキューフォースになりたい!」と憧れを抱き、また、命の尊さ、思いやりの心、そして地球環境の大切さを伝えるストーリーが、「親が子供に見せたい番組」として大人からも高い評価を得ています。平均視聴率は10%以上(関東・階層別個人視聴率・3〜12歳・4/5〜8/2調べ)、7月に発売されたDVD第1巻の出荷は1万枚を突破。映画『ALWAYS 三丁目の夕日』等で高い評価を得ている白組がVFXを担当し、他の子供番組をはるかに凌ぐクオリティも大きな話題を集めています。待望の映画版では、レスキューの現場が、地球全体規模にスケールアップ! 世界を一周する夢の超特急「マッハトレイン」を舞台に、レスキューフォースが超災害から人々を救うため大活躍するオリジナルストーリーが展開されます! そしてTVシリーズでは見られなかった新しいヒーロー・R0や新スーパービークルも登場! また、映画オリジナルのゲストとして、特撮ヒーローの草分けとして活躍中のカリスマ的俳優である藤岡弘、や南海キャンディーズの山里亮太など豪華ゲストが出演します! 2009年お正月、家族みんなで楽しめる爽快レスキュー・エンタテインメント!

同時上映『爆走!トミカヒーローグランプリ』
年に一度の祭典、「トミカヒーローグランプリ」。
注目のエントリーは、ヒカル、響助、レイ、寿里、石黒隊長のフルメンバー。
グランプリを制し、「レスキューフォース最速」の称号を手にするのは誰だ!

ストーリー



みんなの勇気が地球を救う!!

世界を一周する夢の超特急”マッハトレイン”が謎の組織「ネオテーラ」の企みで、ドクトル・マドゥを名乗る人物に乗っ取られた。車内には世界旅行を楽しむ家族や子供たち、そして夢を実現するために乗車した少女など大勢の人々が取り残されている。暴走列車と化したマッハトレイン、このままでは終着駅に衝突、大爆発を起こし史上最悪の大惨事になってしまう。世界消防庁は人々の救出のため「レスキューフォース」に緊急出場を要請。早速、救出活動を行おうとするが度重なるネオテーラの妨害にあってしまう。迫り来る終着駅、このままではみんなの命が危ない!
絶体絶命のピンチに立たされたレスキューフォース! その時、新たなるレスキューヒーロー&ビークルが現れた!・・・刻々と迫るタイムリミット、みんなの命と夢を守ることができるのか!?

スタッフ

監督:岩本晶、江良圭
脚本:川崎ヒロユキ、江良圭
撮影:鍋島淳裕
照明:矢部一男
美術:寺井雄二、佐々木記貴
録音:治田敏秀
編集:伊藤伸行
アクション監督:大道寺俊典
VFXスーパーバイザー:岩本晶
音楽:若草恵
主題歌:「STORY」「The Life」camino
VFX制作:白組
制作:松竹、ドッグシュガー

キャスト

猪塚健太
野口征吾
はるの
長谷川恵美
岩永洋昭
早見優
山里亮太(南海キャンディーズ)
児玉絹世
藤岡弘、

< 声の出演 >
安田大サーカス/斎藤千和

LINK

□公式サイト
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す