原題:Wonder Woman

2017年6月23日全米公開

2017年/アメリカ/配給: ワーナーブラザース映画

2017年夏全国ロードショー

(C) 2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

公開初日 2017/08/予定

配給会社名 0085

解説


プリンセスにして地球最高の強さと美しさを備えた美女戦士。

全米では[最も期待されるアメコミキャラクターの実写デビューランキング※]でハーレイ・クイン、デッドプール、ドクター・ストレンジなど数々の注目キャラクターを抑え堂々のNo.1となっている彼女が主人公の映画『ワンダーウーマン』の日本公開が2017年 夏 に決定。
来夏、ダントツの人気を誇り、圧倒的な美しさと強さを持ちながら、世間知らずで「男性を見たことすらない」美女戦士がスクリーンを席巻する。  ※米チケット販売サイトFandangoの調査

本作の主人公は人間社会から孤立した女性だけの一族のプリンセスとして生まれながら、圧倒的な強さを誇る美女戦士へと育ったワンダーウーマン。好奇心旺盛だが外の世界を一切知らず、男性を見たことすらない世間知らずの彼女の運命は、ある日、浜辺に不時着したパイロットを助けた事によって大きく動き出す─。故郷を離れ、プリンセスという身分を隠し、人間社会で暮らし始めるのだが…。
自身の持つ大きなチカラに気づいた美女戦士ワンダーウーマンは初めての世界で何を見て、何のためにその力を使うのか?

監督はパティ・ジェンキンス。『モンスター』(03)で主演のシャーリーズ・セロンをアカデミー賞主演女優賞へ導いた実力派で、マーベル・スタジオからもオファーがあったと言われている注目の女性監督。しかし、彼女が満を持して監督作に選んだのは女性が主人公の『ワンダーウーマン』だ。そして本作の主人公ワンダーウーマンを演じるのは、ミス・イスラエルにも選ばれた完璧な美貌を持ち、実際の兵役経験による“圧倒的”アクションセンスも持つスーパー美女モデルでハリウッド女優のガル・ガドット。彼女も「かつて少女だった女性こそ、この物語を正しく描ける」と女性監督へ絶大な信頼をよせている。
バットマンが[地球上で最強]と認めた、ぶっちぎりの美女戦士ワンダーウーマン。『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』で鮮烈なデビューを飾り、その颯爽と現れ圧倒的なチカラで正義を行使する姿、その勇気に、日本の鑑賞者をも魅了し、絶大な人気を獲得。2017年夏 “新次元のスーパーヒロイン”が世界を席巻する“
本作は『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』、『スーサイド・スクワッド』のDCが贈る第3弾。圧倒的なスケールで描かれるアクションにも注目が高まる。

ストーリー

スタッフ

監督:パティ・ジェンキンス

キャスト

ガル・ガドット クリス・パイン

LINK

□IMDb
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す
https://www.youtube.com/watch?v=tV2uqgkHFj4
ご覧になるには Media Player が必要となります