原題:Buena Vista Social Club: Adios

2017年/イギリス/カラー/ビスタ/5.1chデジタル/110分/字幕翻訳:石田泰子 後援:駐日キューバ共和国大使館 インスティトゥト・セルバンテス東京 日本人キューバ移住120周年/配給:ギャガ

2018年7月20日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他全国順次公開

© 2017 Broad Green Pictures LLC

解説

1999年に全米公開、日本でも2000年に公開し大ヒットを記録し、社会現象にもなった伝説の音楽ドキュメンタリー『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』。あれから18年、グループによるステージでの活動に終止符を打つと決めた現メンバーによる“アディオス”(さよなら)世界ツアーを収めた、名匠ヴィム・ヴェンダース製作総指揮の音楽ドキュメンタリー『Buena Vista Social Club: Adios(原題)』の邦題が『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』に決定し、ギャガ配給作品として7月20日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他全国順次公開致します。

■ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブとは…
アメリカの偉大なるギタリスト:ライ・クーダーが、キューバを旅した際にセッションした、地元の老ミュージシャンに声をかけ、当時なんと92歳のギタリストを筆頭に、かつて第一線で活躍していたキューバのベテラン歌手や音楽家たちを集めたビッグバンド「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」。1997年に、彼がプロデュースし、発売した同名のアルバムは、ワールド・ミュージックのジャンルとしては異例となる900万枚を売り上げ、世界の音楽シーンに、驚きと至福のセンセーションを巻き起こした。やがてそのアルバム:「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」は、グラミー賞を受賞。さらに、名匠ヴィム・ヴェンダースが彼らの音楽と人柄に惚れ込んで監督したドキュメンタリー映画が、全世界で破格のヒットを飛ばし、アカデミー賞®長編ドキュメンタリー賞にノミネートされた。日本でもミニシアターの枠を超える大ヒットを成し遂げ、その熱狂は、音楽・映画にとどまらず、サルサダンスのブームやキューバレストランの流行、キューバへの直行便の就航が始まるまでの社会現象へと広がることになる。

この度解禁する日本版ポスターでは、前作『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』の記憶を呼び起こすデザインが完成。キューバらしいカラフルな車と、バンドでギター・ヴォーカルを務めるエリアデス・オチョアの後ろ姿は、これまで彼らが歩んできた音楽の旅路を想わせ、「18年の愛をこめて。」という印象的なキャッチコピーには、前作からのメンバーたちの人生と、これで最後と決めた“アディオス(さよなら)”ツアーへの思いを想起させます。

ストーリー

スタッフ

監督ルーシー・ウォーカー 製作ザック・キルバーグ ビクター・モイヤーズ アッシャー・ゴールドスタイン 製作総指揮ガブリエル・ハモンド

キャスト

オマーラ・ポルトゥオンド(ヴォーカル)、マヌエル・“エル・グアヒーロ”・ミラバール(トランペット)、バルバリート・トーレス(ラウー)、エリアデス・オチョア(ギター、ヴォーカル)、イブライム・フェレール(ヴォーカル)

LINK

□公式サイト
□IMDb
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す
https://youtu.be/Vc2okbnxBtI
ご覧になるには Media Player が必要となります