2018年/日本/配給:アスミック・エース

ⓒ2018「音量を上げろタコ!」製作委員会

解説

驚異の歌声を持つロックスター・シン(阿部サダヲ)。その存在自体がロックであり、カリスマ的な人気を誇っているが、実は彼には秘密があった。彼の歌声は、「声帯ドーピング」というタブーな方法によって作られたものだったのだ。
限界が近づく喉に焦りと恐怖を抱える彼が出会ったのは、異様に声の小さなストリートミュージシャン・ふうか(吉岡里帆)だった― 2つの歌声が出会ったとき、奇跡は起きるのか!?

主演のシンを演じるのは、『舞妓Haaaan!!!』『謝罪の王様』『殿、利息でござる!』などに主演し、人気・実力を兼ね備えた日本映画界の至宝・阿部サダヲ。紅白歌合戦出場も果たした人気バンド「グループ魂」のボーカル≪破壊≫も務める彼が、驚愕の歌唱力で一躍スターダムにのし上がったカリスマロックスターを演じます!
ロックスター・シンのキャラクターを創り上げるにあたり、製作サイドが参考にしたのは、そのパフォーマンスが世界中を驚かせてきたマリリン・マンソン。奇抜で衝撃的な、今までに見た事のないメイク姿の阿部サダヲの姿にも要注目です。
ヒロイン:ふうかには、上半期ブレイク女優No.1(オリコン2017年)!「ゆとりですがなにか」(NTV)、「カルテット」(TBS)、「ごめん、愛してる」(TBS)など続々とドラマに出演し、今最も注目を浴びている女優、吉岡里帆。
ストリートミュージシャンとして活動するも、声が異様に小さく歌声が聞こえないという弱点を持つ難(?)役を、こちらも今までに見た事のない振り切った演技で演じ切ります。
さらに、映画・ドラマでは一度も披露した事のない歌声を、このたび劇中で初お披露目!現在、絶賛特訓中であるギター演奏とともに奏でられる彼女の歌声と、豪華アーティスト達の提供による映画オリジナル曲にもご注目ください。
 原案・脚本・監督を手掛けるのは、三木聡。『俺俺』『インスタント沼』『転々』など、誰にも真似できない独自のコメディセンスを持つ監督が、何かと息がつまる現代社会に“歌”と“笑い”の力で風穴を開ける、ハイテンションロックコメディを作り上げます!

ストーリー

驚異の歌声を持つロックスターの男 × 歌声が小さすぎるストリートミュージシャンの女   2つの歌声が出会ったとき、起きる奇跡は一体!?   4オクターブの音域と、すべての人の心を打つ声量を持ち、金も女も名声も手にするロックスター・シン。 しかし彼には誰にも言えない秘密があった。 彼の歌声は、「声帯ドーピング」という掟破りの方法によって作られたものだったのだ。 「歌を届けるためなら、もう声が出なくなってもいい、死んでもいい―」 長年にわたる声帯ドーピングの副作用で、彼の喉には限界が近づいていた。 次第に声が出なくなる恐怖に怯えるシン。 そんな中で彼が出会ったのは、 歌声が小さすぎるストリートミュージシャン・ふうかだった― 彼女の姿にかつての自分を重ね、ふうかを叱咤するシン。 そんな中、シンは次第に声が出なくなっていく・・・はたしてふうかはシンを救えるのか!?

スタッフ

監督・脚本:三木聡(『俺俺』、「時効警察」シリーズ) 製作:映画「音量を上げろタコ!」製作委員会   制作プロダクション:アスミック・エース/パイプライン 配給:アスミック・エース

キャスト

阿部サダヲ 吉岡里帆

LINK

□公式サイト
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す