フル3DCGアニメーション映画

2016年/日本/カラー/??分/
配給:東宝映像事業部

2016年10月14日(金) 全国ロードショー

(C)奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会

公開初日 2016/10/14

配給会社名 1125

解説


死んだはずの人間達と謎の星人との壮絶な死闘を描いた奥浩哉による大ヒットコミック「GANTZ」。その中でも特に人気を誇るエピソード「大阪篇」がフル3DCGアニメーションで再始動する。
総監督には『TIGER & BUNNY』や、『聖闘士星矢Legend of Sanctuary』など、実写映画、アニメ映画などの監督を手がけてきたさとうけいいちが、監督には日本初フル3DCCG超大作『APPLESEED』でCGディレクターを手がけた川村泰が担当。

脚本には『ONE PIECE FILM GOLD』等のアニメだけでなく『ストロベリーナイト』『LIAR GAME』など多くの実写作品で緻密でシリアスな傑作を手がけた黒岩勉が壮絶な戦い、そして個性溢れるキャラクターたちを描く。 
そして、アニメーション制作は、実写版『GANTZ』シリーズのVFXを担当し実写・アニメーションのジャンルを問わず数々の大ヒット作を生み出すデジタル・フロンティア。 最新技術と充実の製作陣が贈る、GANTZ濃度300%のSFサバイバルアクション超大作。
いよいよ時代が奥浩哉の「GANTZ」に追いついた。人間VS凶悪・強烈な「妖怪軍団」が大阪の街で繰り広げる死闘と驚愕の映像革命を、目撃せよ!!

ストーリー





地下鉄で事件に巻き込まれ、命を落とした高校生の加藤勝。
次の瞬間、加藤はマンションの一室にいた。そこで玄野というリーダーを亡くし失意の東京チームと出会う。彼らと共に転送された先は、東京ではなく、火の手があがる大阪の街だった。加藤は命がけのサバイバルゲームに挑むこことなる。
曲者揃いの大阪チームとの遭遇。強力な妖怪型の星人軍団=百鬼夜行との戦闘。
シングルマザーでありながら戦いに身を投じていた大阪チーム山咲杏との出会い。
さまざまな事態に翻弄されつつも、加藤はたった一人の家族である弟のもとへ帰るため、死線を潜り抜けていく。
やがて、加藤らの前に大ボス「ぬらりひょん」が立ちはだかる・・・!

スタッフ

総監督:さとうけいいち
監督:川村泰
原作:奥浩哉
脚本:黒岩勉
制作:デジタル・フロンティア

キャスト

小野大輔
M・A・O 
郭智博 
早見沙織 
池田秀一
津嘉山正種 
小野坂昌也 
津田健次郎 
小川輝晃 
吉田尚記 
梶裕貴
ケンドーコバヤシ
レイザーラモンHG
レイザーラモンRG

LINK

□公式サイト
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す