2015年/日本/カラー/120分 配給:パブリックチャンネル

2016年1月16日公開

©2015 TRAVEL HIGH

公開初日 2016/01/16

配給会社名 1739

解説


─ 絶望の先の希望を、映画は目撃する。─

九州、博多を拠点とするミュージシャン、そして画家の山部善次郎、通称“山善”のドキュメンタリーがトリウッドに登場です。

1968 年、14 歳の彼を襲ったのはレコード盤から流れるロックンロールと高圧電線から流れる 6600 ボルト。失ったのは左目と鼻、得たものは音楽への揺るぎない情熱。
伝説のロッカー、ミスターダイナマイト、そして 99%不可能と言われた男の、57 歳から還暦への 3 年間を追ったドキュメント“ ロード ”ムービーが、地元福岡や名古屋・大阪での上映を経て、いよいよ都内初ロードショーです!

ストーリー

☆山部善次郎 プロフィール 1954年福岡県出身。本名、山部洋之。 14歳の時に高圧電線に感電する事故に遭い左目と鼻を失う。 中学校時代から音楽を始め、高校在学中に結成したバンド「田舎者」でライブハウス「照和」のステージに立ちその後九州産業大学商学部経済学科に進学、21歳の頃から山部善次郎と名乗り始める。 伝説のパンクバンドと言われる「The Drill」活動後の1978年に徳間ジャパンからデビューする動きがあったものの、録音の出来映えに満足出来無かった為この話を断り、自ら音楽的才能に見切りをつけて家業の紙卸問屋を継ぐ道へ。 しかし想いが断ち切れず29歳の時に活動を再開、30歳でファーストシングル「キャデラック」をリリース、34歳でコロムビアレコードから「山善フォークジャンボリー」をリリース。 また39歳の時から音楽活動と並行して油絵を描き始め、還暦までに10回を超す個展や美術展などへの入賞歴がある。 現在も地元博多を拠点に勢力的な活動を続けている。

スタッフ

監督・撮影・編集:下本地崇 撮影補佐:平山賢 題字:真照

キャスト

山部善次郎

LINK

□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す