原題:Viy

総製作費90億円!構想6年!撮影日数126日!スタッフ総勢1,000人超!
史上屈指のスケールで描く、VFXファンタジー・アドベンチャー超メガ大作!!

2014年1月30日ロシア公開

2014年/ロシア・ウクライナ・チェコ合作/カラー/111分
発売:トランスフォーマー

2015年04月03日よりDVDリリース

(c)2014 RFG (Russian Film Group) All Rights Reserved

解説


ロシア映画界が威信をかけ、ハリウッドの超一流スタッフと共に作り上げた史上最大級のVFXメガ超大作ファンタジー、それが本作『VIY』だ。約90億円というケタ違いの資金を投じて作り上げられたが、撮影はハリウッドでもロシア本国でもなくチェコにある有名スタジオで行われ、人件費などの大幅圧縮により直接制作に使われる予算が増えたため、一層大きなスケールが実現。『X-MEN』などで知られる主演のジェイソン・フレミングは、「もしハリウッドで撮影されていたら、200億円はかかっていたはずだ」と語っている。原作はロシアを代表する作家ゴーゴリによる中編小説集「ミルゴロド」の一篇「ヴィイ」。『ナイト・ウォッチ』『ウォンテッド』などのスタッフによるVFXで、ダークで不思議な世界観を、見事に映像化している。

ストーリー





18世紀、ロンドン。地図製作者のジョナサンは、トランシルヴァニアの未知の土地を地図に書き加えるための旅に出た。カルパティア山脈を越えたところで、彼は外界から孤立した小さな村を発見。そこでは、人々が村の中に潜む魔物の影に怯えながら暮らしていた。偶然に迷い込んだジョナサンは、この魔物の謎を解き明かし、村人たちを救うことができるのか!?

スタッフ

監督:オレッグ・ステプチェンコ
製作:グレブ・フェティソフ
アレクサンダー・クリコフ
アレクセイ・A・ペトルキン
原作:ニコライ・ゴーゴリ
脚本:アレクサンドル・カルポフ
オレッグ・ステプチェンコ
撮影:ウラジミール・スムットニー

キャスト

ジェイソン・フレミング
アンドレイ・スモリアコフ
アレクセイ・チャドフ
アグ二ア・ディコフスキーチェ
チャールズ・ダンス

LINK

□IMDb
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す