原題:Elephant Song

2014年/カナダ/カラー/110分
配給:アップリンク

2015年12月02日よりDVDリリース
2015年6月6日(土)より新宿武蔵野館、渋谷アップリンク他にて公開!

(C)Sebastien Raymond

公開初日 2015/06/06

配給会社名 0009

解説


「演じることがたまらなく好きだ」と語るグザヴィエ・ドランが出演を熱望。

2014 年 9 月のトロント国際映画祭でワールドプレミア上映された本作は、奇しくも『トム・アット・ザ・ファーム』同様に戯曲を原作とするサイコロジカル・スリラー。共演は、『スター・トレック イントゥ・ダークネス』のパイク提督役でも知られるカナダの名優ブルース・グリーンウッド。失踪した同僚の行方を追う精神科医グリーン(グリーンウッド)は、最後の目撃者である象にとりつかれた患者マイケル(ドラン)から話を聞こうとするが……。
脚本を読んだグザヴィエ・ドランは「マイケルは僕だ。この役を僕に演じさせてほしい」と出演を熱望した。

ストーリー





彼は何を知っているのか?そして、何を求めているのか?
人々は翻弄され、罠にはまっていく…

ある日、一人の精神科医が失踪した。手がかりを知るのは、彼の患者であるマイケルという青年だけ。院長のグリーンはマイケルから事情を聞こうとするが、ゾウやオペラについての無駄話で、話をそらすばかり。「母を殺した」「医師から性的虐待を受けていた」など、嘘か本当かわからないようなことをほのめかし、グリーンを巧妙な罠に取り込んでいくが…。

スタッフ

監督:チャールズ・ビナメ

キャスト

グザビエ・ドラン
ブルース・グリーンウッド
キャサリン・キーナー
キャリー=アン・モス
コルム・フィオール

LINK

□公式サイト
□IMDb
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す