原題:Five Minutes to Tomorrow

釜山国際映画祭2014オープンシネマ部門、ワールドプレミア

2014年10月23日中国公開

2014年/日本・中国合作/カラー/129分/
配給:東映

2014年12月27日(土)より全国公開

Ⓒ2014 “Five Minutes to Tomorrow” Film Partners

公開初日 2014/12/27

配給会社名 0004

解説


今年で19回目を迎え、韓国の釜山広域市海雲台で毎年開催される海外有数の国際映画祭、釜山国際映画祭の上映作品が発表され、行定勲監督がオール上海ロケで撮影した『真夜中の五分前』が〈オープンシネマ部門〉にてワールドプレミア上映されることが決定致しました。今年の釜山映画祭の会期は10月2日〜10月11日、79カ国の映画が314本上映され、俳優の渡辺謙氏が開会式の司会を務めることでも話題になっています。(※〈オープンシネマ部門〉・・・「映画の殿堂」と呼ばれる5000人収容の映画祭メイン会場で上映される部門。今年は8本が選出され、日本人俳優主演、日本人監督の作品は本作が唯一の選出。)となります。

『真夜中の五分前』は、上海で美しい双子の姉に恋をした日本人青年(三浦春馬)が迷い込んだ不可思議な愛の世界を描く、ロマンティックなミステリー。主演は『永遠の0』やドラマ「僕のいた時間」で人気・実力を兼ね備えたスターとしてその輝きを増し、注目の話題作『進撃の巨人』の主演としての期待も高まる三浦春馬。共演に中国の国民的ドラマ「宮廷女官 若曦(ジャクギ)」のヒロインとして若手トップスターに登り詰めるリウ・シーシー(劉詩詩)、台湾で年間視聴率一位を獲得した「最後はキミを好きになる!」の主演や映画『GF*BF』で日本での人気も高まるチャン・シャオチュアン(張孝全)。アジアで高い人気を誇る行定監督のもと、日本・中国・台湾の注目スターが集結しました。

釜山国際映画祭のワールドプレミアを皮切りに、10月23日の中国公開など、アジア各国での映画祭出品や劇場公開を予定、日本では12月27日(土)より全国公開となります。

ストーリー



時計修理工のリョウ(三浦春馬)は、ひょんなことからルーメイ(リウ・シーシー)という美しい女性と出会う。彼女には女優をしているルオラン(リウ・シーシー/二役)という一卵性双生児の妹がいた。今、ルオランにはティエルン(チャン・シャオチュアン)という婚約者がいて、その婚約祝いには是非ともルオラが思いもつかないようなプレゼントを贈りたい・・それで出会ったばかりのリョウにプレゼント選びを手伝ってもらうことに。唐突で奇妙な出会いではあったが、リョウは美しいルーメイと知り合えたことに胸を躍らせる。しかし親しくなるにつれて、リョウはルーメイが抱える心の闇に気づいていく。ルーメイは自分の人生の片割れでもあるようなルオランを深く愛しているのだが、「同じものを好きになってしまう」というこの双子姉妹の性(さが)から、ルーメイもレオンを愛してしまっており、そのことでルオランに対する激しい嫉妬を抱えていた。そんなルーメイを優しく受け止めるリョウ。二人の関係はやがてゆっくりと恋人へと発展していく。

スタッフ

原作:本多孝好著『真夜中の五分前 five minutes to tomorrow side-A/side-B』(新潮文庫刊)
監督:行定勲

キャスト

三浦春馬
リウ・シーシー(中国)
チャン・シャオチュアン(台湾)

LINK

□公式サイト
□IMDb
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す