原題:Saw V

2008年/アメリカ/カラー/92分/
配給:アスミック・エース

2008年11月28日(金)より、TOHOシネマズ 六本木ヒルズ他全国公開!

公開初日 2008/11/28

配給会社名 0007

解説


【ジグソウが生前に託した、遺言と遺品の謎が明かされる!! 果たして、ジグソウの後継者は誰なのか?】
2004年『ソウ』誕生以来、毎年ハロウィンを恐怖のどん底に陥れている、全世界衝撃の大ヒットシリーズも5周年を迎えた。『ソウ3』でゲームの仕掛け手であるジグソウとアマンダが死んで、終焉かと思われたその時、『ソウ4』で継承された新しいゲーム。果たして、ゲームを仕掛けているのは誰なのか? ジグソウの真の後継者は誰なのか?走行してきた複数の時間軸の襞に生まれた謎は、本作ですべてが明らかになる。

ストーリー


九死に一生を得て何とか助かったFBI捜査官ストラムは、傷一つ負わずにゲームからサヴァイバルしてきたホフマン刑事こそジグソウの後継者ではないかと疑い始める。しかし、満身創痍で入院中のうえ、捜査から外れて休養するように上司に命令される。一方、ジグソウ生前に弁護士に預けられた遺言と遺品の入った精巧な木彫りの箱が、妻のジルに渡された。彼女は確認のために箱の中身を見るが、衝撃に襲われる。そして、コンクリートの床の上で5人の男女が目覚め始めた。密室になった部屋の壁にはV字型の大きな刃がセットされている。5人の男女には犬の首輪が装着されており、首輪はケーブルによって大きな刃と直結している。「ハロー!5人が一緒になって、生き残りに励んでほしい」 新しいゲームが始まった。果たして、ホフマン刑事は本当にジグソウの真の後継者なのか? 新しいゲームを仕掛けているのは本当にホフマンなのだろうか? ストラム捜査官はホフマンを追い詰めることが出来るのだろうか? そして、ジグソウの遺言の内容、ジルが驚愕した遺品とは何なのだろうか?!

スタッフ

監督 デイヴィッド・ハックル 
脚本 パトリック・メルトン、マーカス・ダンスタン 
製作 マーク・バーグ、オーレン・クールズ

キャスト

トビン・ベル
コスタス・マンディラー
スコット・パターソン
ベッツィ・ラッセル
マーク・ロルストン
カルロ・ロータ
ジュリー・ベンス
グレッグ・バーク
ローラ・ゴードン
ミーガン・グッド

LINK

□公式サイト
□IMDb
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す
http://www.saw5.com/
ご覧になるには Media Player が必要となります