原題:Agent Orange -a personal requiem-

2007年/日本・アメリカ・ベトナム/カラー/71分
製作・配給:シグロ

2008年6月14日(土)から7月4日(金)まで岩波ホールにて3週間限定上映! ほか、全国順次公開

(C)2007 SAKATA Masako

公開初日 2008/06/14

配給会社名 0035

解説

坂田雅子が初監督を手がけるドキュメンタリー映画。
ベトナム戦争に兵士として送られたアメリカ人の夫を亡くしたことを機に、その死の原因と思われる戦争時の枯葉剤使用の実態をベトナムで取材するという内容。フォトジャーナリストでもあった夫の人生への思い、枯葉剤がもたらした惨状と不自由な暮らしの中でも愛情豊かに障害児を育てる家族たち、現地での障害児施設を運営する元米兵のインタビューなどを通して、反戦と環境問題へのメッセージが語られる。

ストーリー

スタッフ

監督:坂田雅子
共同製作:ビル・メガロス、山上徹二郎
音楽:難波正司
「Where Have All The Flowers Gone?(花はどこへ行った)」ピーター、ポール&マリー
「What Have They Done to the Rain?(雨を汚したのは誰)」ジョーン・バエズ

キャスト

LINK

□公式サイト
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す