原題:H.G.WELLS'THE WAR OF THE WORLDS

かつて人類は捕食され、大地は炎に包まれていた!あなたは知っていますか?人類が一度、滅んでいた事を・・・・。

2005年/アメリカ/カラー作品/135分/ドルビー・デジタル・ステレオ/言語:英語/字幕:日本語/
音声:オリジナル(英語),吹替(日本語)/16:9 LB ビスタサイズ/片面1層/
販売:ンターフィルム

2007年12月07日よりDVDリリース
2007年06月02日よりDVDリリース

(C)2005 PENDRAGON PICTURES.ALL RIGHTS RESERVED.

解説

 「エイリアンVSプレデター」「宇宙戦争」等の大ヒットが記憶に新しい、SF<異星人侵略>ムービーの最新作がここに登場!19世紀後半、大都市:ロンドンを突如襲った未曾有の大惨事。街は焼かれ人々は死に絶えた。この恐ろしい惨事に秘められた真実<エイリアンによる地球侵略>は闇に葬られ、人類の記憶から消え去っていった・・・・。本作の最大の見所はズバリ、エイリアン!人類を滅ぼす為に何種類もの兵器を携えたエイリアンの襲来は、最大級の恐怖を体感させる。奴らが群れをなし押し寄せるシーンは、SF映画の金字塔「スターシップ・トゥルーパーズ」を彷彿させるほどの迫力。加えて、徹底した時代考証によって再構された19世紀のロンドンの町があまりにもリアルで、それが破壊されるシーンは戦慄度120%。また、当時の人類に出来うる最大限の反撃も描写されており、旧式の大砲や鉄砲で立ち向かう姿には感動すら覚える。人類が作った旧式の兵器とエイリアンの持つ圧倒的な未来兵器の激突は、アクションファンやSFファンも見たことがない映像体験である。超人気ジャンルのSF映画に欠かせない3大要素<大挙襲来するエイリアン、巨大スケールの戦闘シーン、誰も見たことがない時代設定>を、完璧に網羅した本作は大ヒット確実だ!

ストーリー

 19世紀後半、イギリス・ロンドンの郊外に隕石が落下。それは、イギリス中の天文学者が1年前から火星の観測で発見していた発光物体が飛来したものだった。事件を聞きつけ現場を訪れた新聞記者は、その隕石の中からエイリアンが現れ、更に見物に訪れた人間たちに凄まじい攻撃を与え、殺戮するのを目撃する。その情報にすぐさまイギリス軍は動き出し、エイリアンに対して攻撃を仕掛けることを決定。しかしエイリアンの乗った隕石が、各地に飛来している事を聞かされた新聞記者は、ますます不安をつのらせる。やがて軍のエイリアンに対する攻撃が始まり、遠くから砲声が響き渡る。事態は収拾するかに思えたが、突如!街中の家々が焼け落ち、崩落し始める。人類の終末へのカウントダウンが今、始まった!!!

スタッフ

監督,脚本,撮影&編集:ティモシー・ハインズ
製作:スーザン・ゴーフォース
音楽:ジェイミー・ホール
美術:エリック・ニールセン
SFX:マイケル・フランセン

キャスト

アンソニー・ピアナ
ジャック・クレイ
ジェイムス・ラスロップ
ダーレン・セラーズ
ジョン・カフマン
ジェイミー・リン・シーズ
スーザン・ゴーフォース
W・バーナード・ボウマン

LINK

□IMDb
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す