2018年/日本/配給:東宝

2018年7月20日(金)より全国東宝系にて公開!

©2018 スタジオ地図

解説

『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』、そして人間界とバケモノの世界を描き、大きな反響を呼んだ2015年公開の『バケモノの子』-。次々に大ヒットアニメーション映画を生み出し、国内外で今最も注目されるアニメーション映画監督・細田守の全世界待望の新作『未来のミライ』が、2018年7月20日(金)に公開いたします。
高校生と田舎の大家族のひと夏のふれあいを描いた『サマーウォーズ』、二人の子どもの自立と子どもたちを育てる母親の姿を描いた『おおかみこどもの雨と雪』。ひとりぼっちの少年の冒険、師匠となる“バケモノ”との絆を描いた前作『バケモノの子』。誰もが共感できる普遍的なテーマが、時にリアルに、時にファンタジックに彩り鮮やかにスクリーンへ投影されてきました。
そして3年ぶりの新作となる『未来のミライ』では、前作に引き続き、細田監督が自ら原作・脚本も担当。主人公である甘えん坊の4歳の男の子・くんちゃんが、未来からやって来た妹・ミライちゃんと出会い、初めての体験を繰り返しながら成長していく姿を、細田作品ならではのファンタジーな世界が融合した、まだ誰も観たことのないエンターテインメント作品として描きます。
今回、新たに解禁された予告映像では、くんちゃんが未来からやって来たミライちゃんと出会うシーンの他、近未来らしき巨大な駅のホームの景色が映し出されます。さらに、耳と尻尾が生え(?)まるで犬のように楽しそうに走り回るくんちゃんの姿も。また、くんちゃんに話しかける謎めいた男性、ウインクを投げかける少女、そしてくんちゃんをバイクに乗せて走る青年など、新キャラクターも登場します。
小さなお兄ちゃんの不思議な大冒険。見たことのない世界、初めての体験、たくさんの出会い。時間も空間も超えてくんちゃんとミライちゃんが辿り着いた、その場所とは―。どうしてミライちゃんは未来からやってきたのか―。

ストーリー

とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。 ある日、甘えん坊のくんちゃん(4歳)に生まれたばかりの妹がやってきます。 両親の愛情を奪われ、初めての経験の連続に戸惑うくんちゃん。 そんな時、くんちゃんが出会ったのは、 未来からやってきた妹、ミライちゃんでした。 このちょっと変わったきょうだいが織りなす物語。 それは、誰も観たことのない、 小さなお兄ちゃんの大きな冒険の始まりでした―

スタッフ

監督細田守 原作細田守 脚本細田守 ゼネラルプロデューサー高橋望 プロデューサー齋藤優一郎

キャスト

上白石萌歌 黒木華       星野源 麻生久美子 吉原光夫 宮崎美子 役所広司 / 福山雅治

LINK

□公式サイト
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す
https://youtu.be/McZbJmHrcJY
ご覧になるには Media Player が必要となります