日本中が涙した!ベストセラー実話エッセイを映画化!

2015年/日本/カラー/118分/
配給:東京テアトル株式会社

2015年12月19日(土)より、テアトル新宿&福岡先行公開
2016年1月9日(土)より全国拡大公開

©2015「はなちゃんのみそ汁」フィルムパートナーズ

公開初日 2015/12/19

配給会社名 0049

解説


がんでこの世を去った千恵、33歳。5歳の娘と夫、家族との日々をつづったブログを基にしたエッセイ「はなちゃんのみそ汁」は、2012年に発売されるやいなや、常にひたむきな明るさで生きる安武一家の姿が日本中で大きな話題を呼び、関連書籍やテレビドラマ化、教科書への採用など社会現象を巻き起こし、ついに映画化。公開日も決定し、12月19日(土)よりテアトル新宿&福岡先行公開、2016年1月9日(土)より全国拡大公開いたします。

結婚、妊娠、出産と人生の転機をがんと闘い、食を大切に生きてきた千恵を演じるのは、広末涼子。明るくひたむきに支える夫・信吾を滝藤賢一。はな役は、1,000人超の応募者から選ばれた演技経験ゼロの新星・赤松えみなが演じ、千恵の姉役を一青窈が務める。監督には、2013年キネマ旬報ベストテン日本映画第一位に輝いた『ペコロスの母に会いに行く』で脚本を担当した阿久根知昭が、本作でも脚本を務め初のメガホンを握る。

ストーリー


余命わずかの母親が5歳の娘に遺した“みそ汁づくり“。
それはひとりで生きていく力

25歳のとき乳がんを患った安武千恵さんは、結婚・出産し、娘はなちゃんを奇跡的に授かりました。はなちゃんのためにも元気に生きたいと願いましたが、がんが再発してしまいました。
生きることを諦めず、ただ自分がいなくなった後、娘が困らないように「自分で生きる力を遺したい」と、4歳になった娘にみそ汁作りを教えました。

その5ヶ月後、千恵さんはこの世から去りました。
はなちゃんは、母との約束を守り、保育園に行く前にみそ汁を作り「ありがとう」と喜ぶパパの笑顔で一日が始まります。

この映画は、がんという病気にスポットをあてるのではなく、病を抱えた家族が自分の生き方、家族の在り方を見つめなおしながら成長していく姿を前向きに明るく描き出します。

スタッフ

監督:阿久根知昭(『ペコロスの母に会いに行く』脚本)
脚本:奥寺佐渡子(『八日目の蝉』)
原作:安武信吾、千恵、はな『はなちゃんのみそ汁』(文藝春秋刊)
製作:イメージフィールド

キャスト

広末涼子
滝藤賢一
一青窈
ほか

LINK

□公式サイト
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す