原題:SAVING GENERAL YANG 忠烈楊家將

香港国際映画祭 正式出品作品
イタリア ウディーネ極東映画祭 正式出品作品

2013/中国・香港/102分/カラー/シネマスコープ/5.1chデジタル/字幕翻訳:本多由枝
配給:ツイン

2013年12月14日よりシネマート六本木にてロードショー 他全国順次公開

© 2013 Pegasus Motion Pictures (Hong Kong) Ltd. All Rights Reserved.

公開初日 2013/12/14

配給会社名 0251

解説


忠・孝・仁・義
父から子へ受け継がれる熱き魂

宋王朝の時代。皇帝を守る忠臣で楊一族の家長・楊業は北から侵攻してきた遼を討つため、先陣を任される。敵国の指揮官は、かつて楊業が打ち破った将軍の息子・耶律原。宋の指揮官は楊業を逆恨みする潘仁美。戦乱を勝ち抜いてきた名将の楊業にも不吉な影が落ちていた。出陣した楊業率いる先鋒隊は、敵の奇襲と味方の裏切りで多くの兵を失い、ついには楊業が毒矢で負傷し窮地に追い込まれる。そのことを知った楊業の七人の息子たちは、何があっても父を連れ帰ると母に誓い、圧倒的に不利な戦場へと赴く。「七子行き 六子戻る」という御託宣を受けていた母だったが、息子たちの決意を止めることはできなかった。七人の息子は父と合流するも、それを待っていたかのような襲撃にあう。瀕死の父を背負い、息子たちは命がけで母のもとを目指すが…。
  

「三国志」と並び称される
偉大な歴史小説「楊家将」を驚愕のアクションを用いて、完璧に映画化!

中国で「三国志」を凌ぐ歴史小説として絶大な人気を誇る「楊家将」は、宋の建国期に敵国・遼を相手に勇猛果敢に戦い、宋に一筋の光明を与えてきた将軍・楊業率いる楊一族の物語だ。宋の天下統一前、楊家は小国に仕えていたが宋に降ったため、味方にさえ恨みを持つものがいた。そんな軋轢に苦しみながらも、宋のため、皇帝のため、命を惜しまず戦った楊業と七人の息子たちの英雄伝説は中国全土で長く敬愛されている。

ハリウッドでスマッシュヒットを連発する『SPIRIT』のロニー・ユーが
中国史で最も有名な父と子の壮絶な宿命を圧巻のスケールで描く

監督は『フレディVSジェイソン』『SPIRIT スピリット』など、ハリウッドで成功を収めたアジアの鬼才、ロニー・ユー。「楊家将」の父と子の情愛、そして義を尽くす男の生き様に魅了されたロニー・ユーは、リアルで重厚なバトルシーンを生み出すことに定評のある名アクション監督トン・ワイと共に、史実を核としながら七兄弟の苛烈な死闘を圧倒的な迫力で描いた。さらに『イップ・マン』シリーズや『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』など実写からアニメまでヒット作の音楽を手掛ける川井憲次が情感豊かに映画を盛り上げる。
  

ヴィック・チョウ、ウーズン、イーキン・チェンら
中国・香港・台湾を代表する美しき豪華キャストが気高き男の散り様を熱演!

個性豊かな七兄弟を演じたのは、中国・香港・台湾を席巻するトップスターたち。無口だが弓術においては天賦の才を持つ射撃手の三男・楊延安を日本でも多くのファンを持つF4のヴィック・チョウが華麗に演じ、兄弟一の槍使いで類まれな武術のセンスと正義感をあわせ持つ六男・楊延昭にはアイドルから実力派俳優へとスクリーンで新たな活躍をみせるウーズンが演じ、鍛え抜かれた肉体を披露している。兄弟を束ねる軍略家の長兄・楊延平には『風雲 ストームライダーズ』のイーキン・チェン、父・楊業を香港時代劇の世界で不動の地位を築く国民的スターのアダム・チェンが忠義を貫く伝説の将軍を威厳に満ちた存在感で演じきった。世代を超えた豪華キャストが集結し、地上最強&最美男の七兄弟が血潮をたぎらせる無双バトル・アクション大作が完成した。

ストーリー










唐が滅んだ後、その混乱を治めた宋王朝の時代(960年 – 1279年)。皇帝を守る忠臣であった楊家は、北方遊族民族の精鋭で組織される最強の騎馬軍団を擁する敵国・遼から宋を守り続け、楊無敵と評されるほど国内で厚い信頼を得ていた。しかしそんな楊家を宰相・潘仁美は妬んでいた。あるとき楊家の六男・楊延昭と恋仲である郡主の娘・容児を巡って腕比べが行われることに。容児を手に入れたい潘仁美の息子・潘豹が皇帝に提案したのだ。遼が宋への侵攻を伺う中、藩家と揉め事を起こさないよう父・楊業将軍は腕比べに出ないように息子に言い聞かせる。そして行われた武芸の腕比べ。神聖な勝負の場に武器を隠し持ち卑怯な手を使って戦う潘豹に怒った七男・楊延嗣は、腕比べに横入りし容赦なく潘豹を押し伏せるが、足を滑らせた潘豹は打ちどころが悪く死んでしまう。楊家と潘家はもともと関係があまりよくなかったことに加え、その事故により更に悪化。潘仁美は潘家出身の皇后を通じて皇帝に楊家を皆殺しにするよう訴え出るが、ちょうどそのとき宋に遼の大軍が侵攻したと皇帝に報告が入る。遼の軍を率いるのは、かつて楊業が打ち破った将軍の息子・耶律原。皇后の口添えにより、宋の指揮官は潘仁美、先鋒隊を楊業が務めることになった。

出陣した楊業率いる先鋒隊は、善戦するも敵の襲撃に遭う。さらに潘仁美の本陣が先鋒隊を置いて撤退したことで多くの死傷者を出し、楊業も毒が塗られた弓矢で傷を負ってしまう。両狼山へ逃げ込むも甚大な被害を受けて孤立無援となった隊を立て直すことは不可能だった。窮地に追い込まれた父のことを知った楊業の七人の息子たちは、父を救出するべく、小隊を組んで死地へと向かう。「七子行き 六子戻る」という息子たちの闘いを予見する御託宣を受けていた母だったが、息子たちの命を懸けた出立を見送ることしかできなかった。数多の激戦を闘い抜いてきた楊一族に暗雲が漂っていた。

七人の息子がむごたらしい死体で埋め尽くされた戦場を越えていくと、遼の何万もの黒い騎馬軍団が待ち受けていた。圧倒的な兵力差の軍隊に油の入った皮袋を投げ入れて火矢を放つ戦略で大軍を火の渦の大混乱に陥れて突破する。そしてついに父・楊業と合流するが、それを待っていたかのような猛攻に遭う。潘仁美に恨みをかい苦境を招いたことを悔やんだ七男・楊延嗣は、たったひとりで潘家に援軍を求めに行くが、潘は自分の軍勢に「遼の兵」だと嘘を言って弓を放つ。

息子たちは、重傷を負い意識が朦朧とする瀕死の父を背負って関門を目指すが、楊一族への復讐に燃える耶律の執拗な攻撃に、息子たちはひとりまたひとりと勇猛果敢に散っていく…。

スタッフ

製作:レイモンド・ウォン 
製作・監督・脚本:ロニー・ユー 
アクション監督:トン・ワイ 
脚本:エドモンド・ウォン/スカーレット・リュー 
撮影:チャン・チーイン 
美術:ジェフ・マック 
音楽: 川井憲次

キャスト

ウーズン
ヴィック・チョウ
イーキン・チェン
アダム・チェン
ユー・ボー
リー・チェン
レイモンド・ラム
フー・シンボー

LINK

□公式サイト
□IMDb
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す