原題:GOOD OL' FREDA

2013年/アメリカ、イギリス/86分/カラー
配給:角川書店

2013年12月7日、角川シネマ有楽町 ヒューマントラストシネマ渋谷他全国ロードショー

Courtesy of Freda Kelly

公開初日 2013/12/07

配給会社名 0058

解説


17歳の時、ファンから秘書になった。
50年間誰にも語らなかった、特別な青春。

ザ・ビートルズ解散後、これまで一切口を開くことのなかった秘書フリーダ・ケリー。本作は、彼女が当時の仕事やメンバーとの交流について初めて語った貴重なドキュメンタリーである。ザ・ビートルズは、1960年のバンド命名から解散までの活動歴が10年。フリーダはそれより長い11年に渡りバンドを影で支え、全てを見届けた人物である。
17歳でマネージャーのブライアン・エプスタインに“ザ・ビートルズの秘書”に誘われたフリーダは、リヴァプールに住むシャイなOLだった。自分の想像を超えてどんどん大きな存在になっていくバンドを、フリーダはファンの時と変わらぬ愛と忠誠心で支え続けた。そしてバンドの成長と共に彼女自身もまた、“世界一のバンドの秘書”として成長していったのである。
メンバーからは妹のように、メンバーの家族からも娘のように愛され、慕われ続けたフリーダ・ケリー。解散後、一切の沈黙を守っていた彼女が初めて語る、ザ・ビートルズとの11年間。彼女はなぜ、50年間沈黙を守り続けたのか。また今なぜ当時を語ることを決意したのか。世界一のバンド、ザ・ビートルズと共に過ごした特別な青春が明らかになる。

「フリーダは本当のビートルズを知る関係者の数少ない生存者なの。
フリーダの話から、今まで聞いたことのないザ・ビートルズの真の姿が現れると思うわ。」
アンジー・マッカートニー(ポール・マッカートニーの継母)

ストーリー





1961年、リヴァプール。 17歳のフリーダ・ケリーは会社の昼休みに同僚に連れられてキャヴァーン・クラブへ出かけた。そこに居たのは地下の小さなステージで演奏する革ジャンを着た4人組。その音楽を聞いたフリーダは衝撃を受けた。これまで聞いたことの無い音楽だったのだ。何度も何度もクラブに通い、バンドメンバーとも次第に親しくなっていったフリーダ。そんなある日、バンドマネージャーのブライアン・エプスタインから「会社を作るんだ、秘書にならないか?」と声をかけられる。フリーダは自分が大好きなバンドのために働けるというだけで夢心地だった。やがて彼らが世界一有名なバンドになるとも知らずに・・・。

スタッフ

監督:ライアン・ホワイト

キャスト

フリーダ・ケリー

LINK

□公式サイト
□IMDb
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す