201-2012年/日本/カラー/117分/
配給:YUI-GON プロジェクトチーム

2012年6/16(月)〜6/29(金)、ワーナー・マイカル・シネマズ近江八幡にて公開

©2011-2012 YUI-GON プロジェクト. All rights reserved.

公開初日 2012/06/16

公開終了日 2012/06/29

配給会社名 1325

解説


本作は、企画・監修の原一男氏(映画監督/大阪芸術大学教授)の指導のもと、映像づくりに興味のあるシロウトの市民の方々がカメラを回し、地元のお年寄りの体験を次世代に伝えることを目的に3 年半かけて制作。主役を演じるのは地元に根ざして生きてきたお年寄りたち。
八幡堀を毎朝掃除する白井さんを描いた「雨ニモマケズ。ごみニモマケズ。」、満州で長女を亡くした冨田さんの想いを辿る「ごめんね、あっちゃん。」他、オムニバス形式全6 編でお送りします。
郷土を愛し、家族を愛し、そして自分を愛する…それぞれの人生を生き抜いてきたお年寄りたちのメッセージが、深く優しく心に響きます。高画質・音響の迫力ある大スクリーンでぜひこの機会にご鑑賞ください。

ストーリー

スタッフ

企画・監修:原一男(映画監督/大阪芸術大学教授)
監督:長岡野亜(映像作家)

市民制作スタッフ:草野美和、中塚智子、木下幸男、西出明、
浅井直、山崎豊子、小関皆乎、森野明子、村田淳子、辻村敏之、
北川正仁、繁田徹也、村川司


音楽:渡邊崇
推薦:近江八幡市社会福祉協議会/近江八幡市老人クラブ連合会/近江八幡観光物産協

助成:財団法人アサヒビール芸術文化財団《アサヒ・アート・フェスティバル2008〜2010 参加》
製作:長岡野亜・地域プロデューサーズひょうたんからKO-MA
共同制作:CM2グループ(マルチメディアセンター指定管理者)
著作:YUI-GON プロジェクトチーム

キャスト

白井貞夫
奥川晴恵
金子美紀
健康推進友の会の皆さん(20 人)
大西増夫
冨田政尾

LINK

□公式サイト
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す