原題:LA BELLE ENDORMIE/THE SLEEPING BEAUTY

名作童話に隠された禁断のエロス。
カトリーヌ・ブレイヤ監督(「ロマンスX」「処女」)最新作。

2010ヴェネチア国際映画祭CICAE賞受賞作品

フランス/2010年/82分/ヴィスタ/ドルビーSRD/カラー/フランス語/
配給:アットエンタテインメント

2012年05月02日よりDVDリリース
2012年2月18日よりヒューマントラストシネマ渋谷にてレイトショー公開

(c) 2010 - FLACH FILM PRODUCTION - CB FILMS - Marathon - ARTE France

公開初日 2012/02/18

配給会社名 0104

解説


衝撃作「処女」「ロマンスX」など、常にそのセクシュアルかつ鮮烈なテーマを持つ作品で、世界中を驚愕させ続けるフランスの偉大な監督カトリーヌ・ブレイヤが、ふたつの童話「眠れる森の美女」「雪の女王」を基に紡ぐ大人のための禁断メルヘン。
世界的童話に隠された、美しい少女の純粋さと残酷さが、ブレイヤ監督の手腕で官能的に浮かびあがる。そして、更に描かれる、童話で語られることのなかった少女のその後の物語。少女を目覚めさせた王子の登場は、純真な子供時代の終わりを告げ、少女は現実の恋に身を投じる。

ストーリー

ある昔、ある王国の国王と王妃に、待望の可愛らしい女の子が誕生しました。
3人の美しい妖精がその誕生を祝い、姫君アナスタシアはすくすくと成長しましたが、
そこへ魔女がやってきて、不吉な魔法をかけます。「王女は16歳で死ぬ」
3人の妖精たちはなんとかその魔法を修正しました。「100年の眠りのあと16歳で目覚める」
やがて、魔法どおり姫君は遊戯中にイチイの“つむ”で指を突いてしまい、死んだかのような眠りにつきます。
100年の夢の中でさまざまな冒険を重ねるアナスタシア。
永い眠りからついに目覚めると、横で美しい青年が彼女を見つめていました。
16歳に成長を遂げたアナスタシアはこの青年と恋に落ち、身も心も捧げるのですが−。

スタッフ

監督:カトリーヌ・ブレイヤ
製作:ジャン=フランソワ・ルプティ、シルヴェット・フリードマン
脚本:カトリーヌ・ブレイヤ
撮影:ドニ・ルノワール
美術:フランソワ=ルノー・ラバルテ
衣装:ローズ=マリー・メルカ
編集:パスカル・シャヴァンス

キャスト

カルラ・ベスナイヌー
ジュリア・アルタモノフ
ケリアン・マヤン
ダヴィド・ショース

LINK

□IMDb
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す