誰かを思い、思われる
——あなたがもういちど会いたい人は誰ですか?

2012年/日本/カラー/??分/
配給:東宝

2012年10月6日(土)より全国東宝系にて公開

(C)2012「ツナグ」製作委員会

公開初日 2012/10/06

配給会社名 0001

解説


在映画出演作が相次ぎ最も注目を集める若手俳優・松坂桃李を主演に迎え、若手女性作家・辻村深月(つじむらみづき)による感動のベストセラー小説『ツナグ』の映画化がこのたび決定致しました! (※原作者・辻村深月の「辻」は二点しんにょうです。)
原作は、吉川英治文学新人賞受賞作『ツナグ』(新潮社刊)。原作の辻村深月は、若者の微妙な心情や、思春期独特の揺れ動く気持ちを捉えた透明感のある作風が女性からの強い支持を集めており、著書「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」「オーダーメイド殺人クラブ」で二度にわたり直木賞候補となるなど、いま最も受賞に近い実力派作家といえます。

死者との再会を望む人のために、その仲介を司る“ツナグ”。この“ツナグ”を通して他人の人生に深く関っていく一人の青年の葛藤と成長を描いた感動のファンタジー。そこには、人との「絆」「つながり」という今の日本人にとって最も大切なものが、上質に描かれています。
主人公の高校生・歩美(あゆみ)を演じるのは、いま最もフレッシュで注目株の俳優・松坂桃李。昨年は「僕たちは世界を変えることができない。」「アントキノイノチ」で印象的な演技を披露し、第85回キネマ旬報ベスト・テン新人男優賞を受賞。2012年は、映画「麒麟の翼」、NHK朝の連続テレビ小説、映画「今日、恋をはじめます」主演と、作品が目白押しです。そして、歩美のことを、人生の先輩として、“ツナグ”の師匠として、時に厳しくも温かく見守る祖母・アイ子役には、「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」「悪人」「ゴースト」など日本映画に必要不可欠の実力派個性女優・樹木希林。更に、佐藤隆太、桐谷美玲、橋本愛、大野いと、遠藤憲一、別所哲也、本上まなみ、浅田美代子、八千草薫、そして仲代達矢と、蒼々たるキャストが脇を固め、作品に確かな品質を与えます。正にこれから旬を迎えるフレッシュな俳優から、邦画界を支える実力派まで、幅広いキャスティングが実現しました。

監督・脚本は、大ヒットメーカー・平川雄一朗。「陰日向に咲く」「ROOKIESー卒業ー」「JINー仁ー」等、手がける映画・ドラマの数々が大ヒットを飛ばす、“感動ドラマ演出の達人”。彼自身が原作に深く共感し、映画化を熱望。自ら脚本まで手がけました。音楽は、「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズなど、作品のテーマに沿った壮大な楽曲制作を得意とする、日本映画音楽界の大ヒットメーカー・佐藤直紀が本作の脚本を読んで、楽曲制作を即座に引き受けました。今の日本映画界でベストなスタッフ・キャストの手で、老若男女万人が感動するヒューマン・エンターテインメント大作に仕上げます。

≪「ツナグ」とは≫
大切な人を死によって失ってしまった生者と死者、その二者を<もう1度だけ再会させる仲介人>という特殊な仕事をする人。ツナグの噂は都市伝説のようにまことしやかに伝わっていて、辿り着けるかどうかは、その存在をしっているか。知って信じるかどうか。そこからの運。といわれている。運良く辿り着けた場合、ツナグを介して生者と死者が会うのには、いくつかのルールが存在する。
① 生きている人間(依頼人)が、死者に会える機会は、生涯に1人・1度だけ。
② 死者にとっても、生きた人間に会える機会は1度きり。死者側から依頼は出来ない。
③ 互いの合意が取れたら、満月の夜に、指定されたホテルで会うことが出来る。
但し、それは夜が明けるまでの限られた時間の一夜のみ。そしてツナグの側にも、幾つかのルールが存在している…

ストーリー


死んでしまった人に一度だけ会えるチャンスがあるとしたら、あなたはどうしますか?
“ツナグ”とは、生きている人が会いたいと望む、すでに死んでしまった人との面会を仲介する使者を表す言葉。生者にとっても死者にとっても面会の機会はたった一度だけ。
半信半疑で依頼をしてくる人たちの前に現れる使者は、ごく普通の男子高校生・歩美だった。
金ならある、と横柄な態度で亡き母親に会うことを希望する中年男性・畠田。自転車事故で死んでしまった親友に聞きたいことがある女子高生・嵐。突然失踪した恋人・キラリの安否を確かめたいサラリーマン・土谷。歩美は、実はツナグを祖母のアイ子から引き継ぐ途中の見習いで、その過程で様々な疑問を抱く。会いたかった死者に会うことで、生きている人達の人生は変わるのだろうか? そして死者は? その疑問は、自身の両親の不可解な死の真相へも向けられていく。

スタッフ

原作:辻村深月『ツナグ』(新潮社刊)
監督:平川雄一朗
音楽:佐藤直紀

キャスト

松坂桃李 
樹木希林
佐藤隆太
桐谷美玲
橋本愛
大野いと
遠藤憲一
別所哲也
本上まなみ
浅田美代子
八千草薫
仲代達矢

LINK

□公式サイト
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す