今日も、命を懸けた狂想曲を奏でよう・・・。

2011年/日本/カラー/43分/
配給:?????

2012年01月27日よりDVDリリース

解説

本作品の発端は、つかこうへい氏の「蒲田行進曲」がモデルとなっており、「蒲田行進曲」は実は「スタントマンのお話」ではないか?という玉井監督の偏見から生まれた。そして、「アクションのある映画を撮影する」という考えから撮影されたが、逆にアクションシーンに最も縁がある『スタントマン』を題材に構成されたドキュメンタリー映画(?)となった。
4人の特徴あるスタントマンを描き、それぞれ違った過去や特徴を持ち、見かけはまともにスタントの仕事をしているように見えるが、それぞれスタントに対して「歪んだ」考えを持っているところがユニークである。

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2011 で初めて上映され、その面白さが話題となり、福岡インディペンデント映画祭2011では見事グランプリ受賞した。その後も多くの映画祭から招待されるほど、映画ファンから愛される作品となった玉井雅利の初監督作品。今や日本映画界のアクション作品には不可欠な存在である坂口 拓(監督・主演作品「魁!!男塾」、「極道兵器」ほか)や下村勇二(監督「デス・トランス」、アクション監督作品「GANTZ」、「SHINOBI 」ほか)も特別出演している。

ストーリー

スタッフ

監督・編集・脚本:玉井雅利
プロデューサー:矢部 大
助監督:角田明彦、堀内俊成、倉持暁好、矢部 大、
スタッフ:木村大輔、半田未来
制作協力:株式会社ワーサル

キャスト

佐藤 元
藤澤志帆
黒田朋樹
黒田昌樹
一ノ瀬雅利
坂口 拓
下村勇二
柿添 清
ほか

LINK

□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す