2011年東京国際女性映画祭

2011年/日本/カラー/??分/
配給:本庄拠点地域映画製作委員会

2011年10月29日(土)〜11月4日(金)ヒューマトラストシネマ渋谷、モーニングショー
2011年4月16日よりユナイテッド・シネマ ウニクス上里にて公開

(C)2011 本庄拠点地域映画製作委員会

公開初日 2011/10/29

配給会社名 1234

解説

埼玉県北部にある人通りのない町、本庄。
きっかけは、いい加減なノリで始まった即席市民ジャズバンドだった。

不器用に生きてきた大人達が
もう一度自分の人生と向き合い
立ち上がる。

こんなド田舎の
お粗末なバンドに
希望なんてあるはずがなかった。

けれど、人と人の小さな絆が
誰の心にも眠る優しさが
時に、勇気と希望をもたらしてくれる。

これは誰にでも起こりうる
小さな奇跡の物語。

ストーリー

本庄商工会議所の事務局長・川本とショッピングモールの支配人・笹川はなんとか町おこししようと、吹奏楽経験者を市民から募集し、即席市民ジャズバンドを結成するプロジェクトを計画した。

中学の音楽教師を定年退職した野津手は川本と笹川に口説かれ、その指導に当たることになった。

ところが経験者を募集したという話なのに、練習場である花屋裏の倉庫にやってきたのは謎めいた美人ピアニスト以外はド素人の4人だけ。ジャズ好きで、この日のためにビンテージ・サックスを買ってしまったお調子者の洋菓子店主の後藤、リコーダーしか吹いたことがない和菓子屋の登代子、ジャズも知らないキュウリ農家の花山、中学ではトランペットが一番上手かったと自慢する頑固な製麺店の中野といった高齢者ばかりで、「好意で来てやったんだ」と言い出す始末。

あまりの酷さに「無理です!」と辞退を申し出る野津手。笹川支配人に懇願され一度は踏みとどまるが、地元民の勝手ぶりは加速するばかり。ついに堪忍袋の尾が切れ、指導を降りてしまう野津手……。

そんななか、後藤の最愛の妻・朝子は「長くて余命半年」という癌宣告を受ける。後藤は、妻のため、最後に自分の演奏を聞かせてやりたいと願うが、クリスマスコンサートは3ヶ月先に迫っていた……。

スタッフ

監督・脚本:宮武由衣

キャスト

井上順
河原さぶ
上田耕一
ふくまつみ
宮下ともみ
徳井優
川村亮介
水野神奈
黛英里佳
酒井敏也
岡まゆみ
清水章吾

LINK

□公式サイト
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す