原題:Sherlock Holmes: A Game of Shadows

2011年12月16日アメリカ公開

2011年/アメリカ/カラー/??分/
配給:ワーナー・ブラザース映画

2013年08月07日よりDVDリリース
2012年07月04日よりDVDリリース
2012年3月10日(土)丸の内ルーブル 他 全国ロードショー

(C) 2011 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

公開初日 2012/03/10

配給会社名 0085

解説


アーサー・コナン・ドイルが生んだ世界一有名な名探偵をガイ・リッチーが装い新たにダイナミックに描き、全世界で5億ドルを超える大ヒットを記録した『シャーロック・ホームズ』。この度、待望の続編『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』が2012年3月に日本公開が決定。
ロバート・ダウニー・Jr.が世界で最も有名な探偵シャーロック・ホームズとして、そしてジュード・ロウが彼の全幅の信頼を寄せる相棒ジョン・ワトソン医師として、史上最強の名コンビが帰ってくる。

ガイ・リッチーが大ヒット作『シャーロック・ホームズ』に続き『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』の監督を務める。前作に続き、製作担当としてジョエル・シルバー、ライオネル・ウィグラム、スーザン・ダウニー、そしてダン・リンが再び終結。ブルース・バーマンが製作総指揮を手掛け、スティーブ・クラーク=ホールが共同製作を務める。
またジャレッド・ハリス(テレビ番組『マッドメン』、『ベンジャミン・バトンの数奇な人生』)が悪名高いモリアーティ教授として、そしてスウェーデン映画『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』で国際的に注目を浴びたスウェーデン人の女優、ノオミ・ラパスもまた初めての英語を話す役柄として、スティーブン・フライ(『アリス・イン・ワンダーランド』、『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』)がシャーロックの兄であるマイクロフト・ホームズとして、キャストに加わる。
そして前作に続き、レストレード警部をエディー・マーサン、ワトソン医師の花嫁になるメアリー・モースタンをケリー・ライリー、そしてホームズに長年頭を悩まされてきた大家の女性、ハドソン夫人をジェラルディン・ジェームズが再び演じる。

前作でのシャーロック・ホームズはケタ外れの知性とケタ外れな戦闘能力を持ちながら、常にスマートな存在であった。しかし本作では“もう一人の天才”モリアーティ教授(ジャレッド・ハリス)が新たな脅威として立ちはだかる。モリアーティ教授はホームズと同等の知能を持ち合わせる宿命のライバル。ホームズ&ワトソンの最強コンビが、世界を股にかけ宿命のライバルとの壮絶な戦いへ。そして、この戦いで、あなたのホームズ像はさらに進化する!

ストーリー

オーストリア皇太子が遺体で見つかり、レストレード警部(エディ・マーサン)は死因が自殺であると断定する。しかし、ホームズは皇太子が殺害されたと推測。そしてこの事件はモリアーティ教授によって画策されたより強大な事件のパズルの一つにすぎなかった。
ホームズはワトソン医師の独身最後の夜を楽しむついでに、兄のマイクロフト・ホームズ(スティーブン・フライ)と事件の手掛かりを求め、怪しい社交クラブへと潜入する。ホームズはそこで、ジプシーの占い師であるシム(ノオミ・ラパス)に出会う。彼女は皇太子の暗殺事件の手掛かりを知ってしまうことにより、暗殺犯の次のターゲットとなってしまう。ホームズはどうにか彼女の命を救い、その見返りとして彼女は嫌々ながらホームズを手伝う事を受け入れる。
ホームズ、ワトソン、そしてシムの3人がイギリス、フランス、ドイツ、そしてスイスへと次々に大陸を横断するに連れ、その捜査は危険度を増す。
しかし、常にホームズたちの一歩先を行くモリアーティ。彼の策略が成功してしまえば、歴史の流れを変えてしまうほどの死と破壊の渦巻く世界になってしまう。

スタッフ

監督:ガイ・リッチー
脚本:キーラン・マロニー、ミシェル・マロニー

キャスト

ロバート・ダウニー・Jr
ジュード・ロウ
ノオミ・ラパス
レイチェル・マクアダムス
ジャレッド・ハリス
ケリー・ライリー
ジェラルディン・ジェイムズ
ウィリアム・ヒューストン
ジル・ルルーシュ
アフィフ・ベン・バドラ
スティーヴン・フライ
エディ・マーサン
クリスチャン・ウォルフ=ラモイ
ポール・アンダーソン
ドミニク・キンネード
カーステン・ヘイズ
ローマン・ヤコヴィッチ
ガブリエル・シャルニツキィ

LINK

□IMDb
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す
http://youtu.be/QU0SEeQJy0c
ご覧になるには Media Player が必要となります