原題:Cirque du Freak:The Vampire's Assistant

2009年/アメリカ/カラー/108分/
配給:東宝東和

2010年07月21日よりDVDリリース
2010年3月19日春休み、TOHOシネマズ日劇ほか全国ロードショー

(c) 2009 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

サブ題名 〜若きバンパイアと奇怪なサーカス〜

公開初日 2010/03/19

配給会社名 0002

解説


小説とコミックスのシリーズ累計売り上げは、日本だけで640万部以上。「ハリー・ポッター」と同様、児童文学でありながら幅広い年齢層を虜にし、世界中に熱狂的なファンを持つダーク・ファンタジーの「ダレン・シャン」が、ついにハリウッド映画となって上陸した。
 主人公のダレン・シャンは、平凡な家庭に生まれ育った少年。成績優秀で女の子にもモテモテ。何不自由なく青春を謳歌していた彼だが、巨大な毒蜘蛛に噛まれた親友を救うためにバンパイアと取引きしたことから、想像もしなかった人生を歩み出すことになる。半バンパイアとなり、家族の元から去らねばならなくなったダレンが身を寄せたのは、風変わりな人々が集うサーカスの一座。アシスタントとして雑用をこなしながら、バンパイア修行に励むダレンの毎日は、ゾクゾクするほど刺激的だ。やがて勃発するバンパイア対バンパニーズの因縁の抗争。その渦中に否応なく巻き込まれたダレンは、かつての親友スティーブと宿命の対決を繰り広げることになる!
 親友の命を救うために半バンパイアとなり、未知の世界に飛び込んでいくダレン・シャン。自分自身のためではなく、友人や家族のために危険の中に飛び込んでいく彼は、まぎれもなく普遍的なヒーローの資質を備えた少年だ。本作は、そんな彼の冒険の日々をいきいきと描写。捨て去った過去にちょっぴり後ろ髪を引かれながらも、新しく出会った仲間たちと交流を深め、新しい自分の生き方を見出していくダレンの成長と葛藤を、胸躍るアクション・シーンをちりばめながらみずみずしい筆遣いで描き出していく。そのドラマを彩るのは、ホロリとさせる友情や微笑ましい初恋のエピソード。人一倍繊細な心で悩んだり傷ついたりしながら前向きに生きるダレンの等身大のヒーローぶりを見れば、誰もが彼を愛し、応援せずにはいられなくなるだろう。
 ダレンを演じるのは、17歳の新星クリス・マッソグリア。本作に先立ち、ジョー・ダンテ監督の3Dライブ・アクション“The Hole”に主演したことでも注目された彼は、いま全米で最もホットなニュー・アイドル。ナイーブで心優しいダレンのイメージにぴったりのルックスとキャラクターは、日本でも多くの支持を集めるはずだ。
 共演陣には錚々たる名優が揃った。ダレンにバンパイアの洗礼を与える導師、ラーテン・クレプスリーに扮するのは、『シカゴ』でアカデミー賞にノミネートされたジョン・C・ライリー。彼の恋人にしてサーカスの花形のマダム・トラスカには、『フリーダ』でオスカー候補になったサルマ・ハエック。クレプスリーの仲間のガブナー・パールには、『プラトーン』と『シャドウ・オブ・バンパイア』で二度オスカー候補になったウィレム・デフォー。さらに、サーカスの座長ミスター・トールの役どころで、本作がハリウッド進出5作目となる渡辺謙が出演し、あっと驚く扮装と名スピーチを楽しませてくれる。
 その他、ダレンの宿敵となるスティーブに『テラビシアにかける橋』のジョシュ・ハッチャーソン、ダレンと心かよわせるモンキー・ガールのレベッカに『ダイアナの選択』のジェシカ・カールソンと、マッソグリアを支える若手にも旬のスターが顔を揃えている。
 監督は、『アバウト・ア・ボーイ』で英米のアカデミー賞にノミネートされたポール・ワイツ。ダーク・ファンタジーと青春ドラマの魅力を備えた物語を、スピーディで切れのある演出によって、誰もが楽しめるエンターテインメントに生まれ変わらせたのは彼の功績だ。また、冒頭の死者のナレーションが『サンセット大通り』を彷彿させる洒落た語り口の脚本は、『L.A.コンフィデンシャル』でアカデミー賞の脚色賞に輝いたブライアン・ヘルゲランドが、ワイツと共同で手がけている。
 その他のスタッフにも超一流の顔ぶれが並ぶ。撮影監督は、『クラッシュ』で英アカデミー賞にノミネートされたJ・マイケル・ミューロー。編集は、『シン・レッド・ライン』でオスカー候補になったレスリー・ジョーンズ。プロダクション・デザインは、『マグノリア』のウィリアム・アーノルド。衣装デザインは、『ハリー・ポッターと賢者の石』など3作でオスカー候補になっているジュディアーナ・マコーフスキーが担当。全員がベテランの腕前を発揮し、不気味さと愛らしさが合体したユニークな世界観を作り上げている。

ストーリー





退屈なんていらない! 刺激が欲しい!!

主人公のダレン・シャンは、平凡な家庭に生まれ育った少年。成績優秀で女の子にもモテモテ。
何不自由なく青春を謳歌していた彼だが、巨大な毒蜘蛛に噛まれた親友を救うためにバンパイアと取引きしたことから、想像もしなかった人生を歩み出すことになる。

ハーフ・バンパイアとなり、家族の元から去らねばならなくなったダレンが身を寄せたのは、風変わりな人々が集うサーカスの一座。アシスタントとして雑用をこなしながら、バンパイア修行に励むダレンの毎日は、ゾクゾクするほど刺激的だ。

やがて勃発するバンパイア対バンパニーズの因縁の抗争。その渦中に否応なく巻き込まれたダレンは、かつての親友スティーブと宿命の対決を繰り広げることになる!

スタッフ

監督・脚本:ポール・ワイツ 「アバウト・ア・ボーイ」(’02アカデミー賞脚色賞ノミネート)「アメリカンパイ」
脚本:ブライアン・ヘルゲランド「LAコンフィデンシャル」(’97アカデミー賞脚色賞受賞)「ミスティック・リバー」
原作:ダレン・シャン著「CIRQUE DU FREAK」(日本発売タイトル:「ダレン・シャン」)

キャスト

ダレン・シャン…クリス・マッソグリア
スティーブ…ジョシュ・ハッチャーソン「センター・オブ・ジ・アース」「テラビシアにかける橋」
ラーテン・クレプスリー…ジョン・C・ライリー「シカゴ」「ギャング・オブ・ニューヨーク」
ミスター・トール…渡辺謙「ラスト サムライ」「バットマン ビギンズ」
トラスカ…サルマ・ハエック「フリーダ」
ガブナー・パール…ウィレム・デフォー「スパイダーマン」シリーズ
エブラ…パトリック・フュジット「あの頃ペニー・レインと」
レベッカ(原作ではデビー)…ジェシカ・カールソン「ダイアナの選択」
ミスター・タイニー…マイケル・セルベリス「ザ・メキシカン」
マーロック…レイ・スティーブンソン「キング・アーサー」

LINK

□公式サイト
□IMDb
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す