原題:Road to Dawn

2007年/中国/35mm/カラー/ヴィスタサイズ/127分
提供:バンダイビジュアル
配給:角川映画

2010年06月25日よりDVDリリース
2009年9月5日(土)よりシネマート新宿、横浜シネマリン他にて全国ロードショー

©深圳電影製片廠

公開初日 2009/09/05

配給会社名 0058

解説


1911年の辛亥革命を起こし、アジア初の共和制国家・中華民国を建国したことで、“国父” “中国革命の父”として母国のみならず日本の政界、財界での評価も高い孫文。本作は辛亥革命前夜、9回目の武装蜂起に失敗し、マレーシア・ペナンへと亡命した孫文の失意の日々、そして革命実現の希望を取り戻す過程が描かれております。

ストーリー

1910年、9回目の武装決起に失敗し、国外へと亡命した孫文に、清朝政府は多額の懸賞金を懸ける。命を狙われた孫文は、やむなくマレーシアのペナンへ移動し、そこで革命資金の調達を続けたのだった。そんな中、かつて医者としての孫文を看護婦として支え続けてきた女性、陳粹芬(チェン・ツイフェン)との再会により、つかの間の愛を確認する。暗殺予告の渦中、孫文は革命の命運をかけ、資産家達を集めての演説に臨むのだったが…

スタッフ

監督:デレク・チウ
撮影:チェン・チーイン
美術:テレンス・フォック

キャスト

ウィンストン・チャオ
アンジェリカ・リー

LINK

□公式サイト
□IMDb
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す