原題:The King’s Choice

2016/ノルウェー/ノルウェー・独・デンマーク・スウェーデン語/136 分/DCP/映倫 G/ 配給:アット エンタテインメント

2017年12 月、シネスイッチ銀座ほか全国順次公開

(C)2016 Paradox/Nordisk Film Production/Film Väst/Zentropa Sweden/Copenhagen Film Fund/Newgrange Pictures

解説

1940年4月9日。ナチスに降伏を迫られた国王が選択した“決断”とはー。

1940年4月9日、ナチス・ドイツ軍がノルウェーの首都オスロに侵攻。ドイツ軍の攻撃に交戦するノルウェー軍だったが、圧倒的な軍事力によって、主要な都市は相次いで占領される。降伏を求めてくるドイツ軍に対しノルウェー政府はそれを拒否し、ノルウェー国王のホーコン7世は、政府閣僚とともにオスロを離れる。一方、ドイツ公使は再度の降伏要求のため、ノルウェー政府に国王との謁見の場を設けることをつきつける。翌日、ドイツ公使と対峙した国王は、ナチスに従うか、国を離れて抵抗を続けるか、家族のため、国民のため、国の運命を左右する究極の選択を迫られるー。北欧の小国ながらナチス・ドイツに最も抵抗し続けたノルウェーにとって、歴史に残る重大な決断を下した国王・ホーコン7世の運命の3日間を描く。

本国ノルウェーでは、昨年9月公開後に「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」「マグニフィセント・セブン」などを押さえて3週連続1位を獲得し、国民の7人に1人が鑑賞する社会現象的大ヒットを記録しました。実在した主人公のホーコン7世を見事に演じきったのは、「007」シリーズのミスター・ホワイト役で知られ、今回プロデューサーとしてもクレジットされている、イェスパー・クリステンセン。息子のオーラヴは「コン・ティキ」のアンドレス・バースモ・クリスティアンセン、ノルウェーに降伏を迫るドイツ公使は「ヒトラーの贋札」のカール・マルコヴィクスが演じる。監督は、「おやすみなさいを言いたくて」のエリック・ポッペ。

ストーリー

スタッフ

監督:エリック・ポッペ 「おやすみなさいを言いたくて」 製作:ピーター・ガーデン「メランコリア」「ドッグヴィル」

キャスト

イェスパー・クリステンセン 「007 スペクター」「007 カジノ・ロワイヤル」「メランコリア」「僕とカミンスキーの旅」 アンドレス・バースモ・クリスティアンセン「コン・ティキ」、カール・マルコヴィクス「ヒトラーの贋札」

LINK

□IMDb
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す
https://www.youtube.com/watch?v=rNtu-bCGi18
ご覧になるには Media Player が必要となります