伝説的少女コミック奇跡の映画化!
破裂しそうな10代の恋と衝動を描いた運命のラブストーリー

2016年/日本/カラー/111分
配給:ギャガ

2016年11月5日(土)OHOシネマズ渋谷ほか全国ロードショー

(C)ジョージ朝倉/講談社 (c)2016「溺れるナイフ」製作委員会

公開初日 2016/11/05

配給会社名 0025

解説


講談社「別冊フレンド」に連載され(04年〜13年)、洗練された世界観と、リアルな心理描写で熱狂的に愛され続ける少女マンガ「溺れるナイフ」、待望の映画化!小松菜奈、菅田将暉W主演、重岡大毅(ジャニーズWEST)、上白石萌音という最旬キャストの発表に、「このキャスティング、この実写映画化は奇跡!」とSNSを中心に話題沸騰!監督は、日本映画界最注目の新鋭・山戸結希。気高く危うい10代の破裂しそうな恋と衝動を描いた、誰も出会ったことのないラブストーリーが誕生した。

この度、小松菜奈演じる夏芽と菅田将暉演じるコウの胸キュンすぎる場面写真が一挙解禁となる。二人の鼓動が今にも伝わりそうなキス寸前ショットや満面の笑みで自転車に二人乗りをする姿、浴衣を身にまとった夏芽の帯をクールに整えるコウ、破裂しそうな恋心を抱き、コウを切なそうに見つめる夏芽など、眩暈がするほどのときめき、痛みと歓喜が同時に全身を貫く、眩しいほどの恋の瞬間が切り取られている。

ティーンだけでなく大人たちも魅了する美少女、望月夏芽を演じるのは、『渇き。』で鮮烈なデビューを飾った小松菜奈。激流のようにほとばしるコウへの一途な想いと、思わぬ運命に揺れる心を全身で演じきった。神様に仕える気高さと、自然と遊ぶ野性味をあわせ持つコウこと、長谷川航一朗には、今や日本映画界の貴重な宝となった菅田将暉。女心をわしづかみにする、硬派でクールなコウをワイルドかつ繊細に演じきった。心を閉ざすようになった夏芽に、そっと寄り添う同級生の大友勝利には、ジャニーズWESTの重岡大毅。誰もがこんな男の子が側にいてくれたらと願う、愛おしいキャラクターを演じ上げた。コウと夏芽の関係に憧れ、2人を結びつけようとするカナには、デビュー作『舞妓はレディ』で数々の賞を受賞した上白石萌音。憧れの2人への複雑な想いを見事に表現した。

監督は、2014年『5つ数えれば君の夢』が渋谷シネマライズの監督最年少記録で公開され、『おとぎ話みたい』がテアトル新宿のレイトショー観客動員を13年ぶりに更新、2015年第24回日本映画プロフェッショナル大賞新人監督賞受賞する等の活躍を見せ、作品を発表するごとに観客から事件的熱量を引き出し、著名人からの絶賛コメントでSNSを騒然とさせた山戸結希。映画界の誰よりも少年少女の心象風景に寄り添い、その痛みもときめきもスクリーンに共鳴させる山戸の映画表現は、映画が新たな時代に突入した瞬間に立ち会う興奮と幸福を観る者に与えてくれる。「観終わった時、あの夏に“夏芽”と“コウ”として生きようともがいた小松菜奈さん、菅田将暉さん二人の姿が、傷つきながら輝こうとする夏芽とコウの心と二重写しになった作品だと思いました。撮影の苦しいきらめきが、そのまま青春の時間として焼き付いている。きっとこの映画を見てもらえたら、それが必ず伝わるというか、意識的にでも、無意識的にでも、芸術を求めている女の子の心に波紋が起こると信じています。振り幅が大きい女の子は 何かを作り始めるでしょうし、目に見えない小さな心のさざ波みたいなものでも、何か自分の人生を変えてみたくなる気持ちが起こる気がしています。2016年が、沢山の女の子にとっての事件になって欲しいです。」と山戸監督は語った。破裂しそうな10代の恋と衝動を描く、不滅の“純愛”ストーリーにご期待ください。

ストーリー







あの頃、二人でいれば無敵だと思ってたー。ただ光を発する方へと突き進んでたー。
東京で雑誌モデルをしていた美少女・望月夏芽(もちづきなつめ)は、ある日突然父の故郷である浮雲町(うきぐもちょう)に引っ越すことになる。東京から遠く離れた田舎町には刺激がなく、自分が欲する「何か」から遠ざかってしまったと落ち込む夏芽だったが、その土地一帯を取り仕切る神主一族の末裔で跡取りである長谷川航一朗(はせがわこういちろう:コウ)に出会い、強烈に惹かれていく。意地悪で気まぐれでエキセントリックな彼に反発しつつも、彼の発光するような神々しさに心を奪われ、いつか「コウちゃん」は「わたしの神さん」だと思うようになる。コウもまた、田舎では類を見ない夏芽の美しさに自分と同種の力を感じ、「コウちゃんの世界構築の参謀になる」という夏芽を受け入れる。夏芽はカリスマ少女モデルとして名前が売れ始め、二人は「世界征服できそうな」ほどの絶頂期を迎えるのだが—。

スタッフ

監督:山戸結希
原作:ジョージ朝倉
脚本:井土紀州、山戸結希
製作:依田巽
企画:小竹里美、瀬戸麻理子
プロデューサー:朴木浩美
Co.プロデューサー:永田博康
音楽:坂本秀一 
製作:「溺れるナイフ」製作委員会(ギャガ/カルチュア・エンタテインメント)
企画協力・制作プロダクション:松竹撮影所
制作プロダクション:アークエンタテインメント 
配給:ギャガ

キャスト

小松菜奈
菅田将暉
重岡大毅
上白石萌音

LINK

□公式サイト
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す