湯布院映画祭2016

2015年/日本/カラー/143分/
配給:マコトヤ

2016年12月、新宿K's cinemaにて公開

公開初日 2016/12/予定

配給会社名 1144

解説


新作映画『貌斬り』のホン直しのため、監督、脚本家、プロデューサー、チーフ助監督、助監督見習い、映画評論家が集まった。今回の企画は40年前に起こった馳一生の顔斬り事件を基にしていた。「なぜ一生は事件を不問に伏したのか?」「なぜ一生は5年後、事件の黒幕法螺プロデューサーの会社に入ったのか?」複数の謎が監督 風間たちの前に立ち塞がっていた。「真相を解明する必要はない。ただ、納得のいく仮説を立てたい」風間は熱い口調でそう言ったがスタッフの意見は推察の域を出ずどれもピンとこない。そこで、風間組十八番のロールプレイを復活させ、スタッフが登場人物になりきり、真相を解明しようということになった。ニューヨークのアクターズ・スタジオが取り入れ、マリリン・モンロー自殺のきっかけと言われる、スタニスラフスキー・メソッドが始ろうとしている。果たして演者の生命は?!そして辿り着いた衝撃の仮説とは?! 日本が世界に誇る美男俳優・長谷川一夫の「貌斬り事件」をモチーフにした禁断の本格ラブ&サスペンス・コメディ!

ストーリー


スタッフ

原作・演出:細野辰興
戯曲:細野辰興・中井邦彦
舞台美術:照井旅詩
美術:金勝浩一
照明:伊藤侑貴
音響:若林大介
音楽:籔中博章
撮影:道川昭如
制作・演出助手:有馬達之介、小関裕次郎、日里麻美
制作:創作ユニット[スタニスラフスキー探偵団]
製作:細野辰興、日下部圭子、杉山蔵人、オフィスキール
主催:STANISLAVSKY DETECTIVES & FELLOWS

キャスト

草野康太
山田キヌヲ
和田光沙
金子鈴幸
森川千有
森谷勇太
向山智成
南久松真奈
嶋崎靖

LINK

□公式サイト
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す