原題:The Congress

カンヌ国際映画祭 2013 監督週間正式出品 東京アニメアワードフェスティバル 2014 コンペティション部門グランプリ Karlovy Vary International Film Festival 2013 Vancouver International Film Festival 2013 London Film Festival 2013 Austin Fantastic Fest 2013 |European Film Awards 2013 International Cinephile Society Awards 2014

2013年/イスラエル・ドイツ・ポーランド・ルクセンブルク・フランス・ベルギー合作/120分 日本語字幕:和泉珠里(日本映像翻訳アカデミー)字幕監修:柳下毅一郎 配給:東風、gnome

2016年02月02日よりDVDリリース 2015年9月12日(土)〜10月2日(金)下北沢トリウッドにて公開 2015年6月20日(土),新宿・シネマカリテほか全国公開

(C)2013 Bridgit Folman Film Gang, Pandora Film, Entre Chien et Loup, Paul Thiltges Distributions, Opus Film, ARP

公開初日 2015/06/20

配給会社名 1094/1604

解説


世界がどんなに変わっても、揺るがない愛 2014 年、ハリウッドは、俳優の絶頂期の容姿をスキャンし、そのデジタルデータを自由に使い映画をつくるというビジネスを発明した。すでにキアヌ・リーブスらが契約書にサインしたという。40歳を過ぎたロビン・ライトにも声がかかった。はじめは笑い飛ばした彼女だったが、旬を過ぎて女優の仕事が激減し、シングルマザーとして難病をかかえる息子を養わなければならない現実があった。悩んだすえ、巨額のギャラと引き換えに 20 年間の契約で自身のデータを売り渡した。スクリーンでは若いままのロビンのデータが、出演を拒んできたアクション映画のヒロインを演じ続けた—— 分)そして 20 年後、文明はさらなる進歩を加速させていた。

ロビンはある決意を胸に、驚愕のパラダイスと化したハリウッドに再び乗り込む。 『戦場でワルツを』の鬼才アリ・フォルマン最新作! ハリウッド実力派俳優とタッグを組み、20世紀SF界の巨星スタニスワフ・レムの傑作を待望の映画化!

あの『戦場でワルツを』で、自らの戦争体験をドキュメンタリーアニメーションとして描き、世界を震撼させ、アカデミー外国語映画賞にノミネートもされたフォルマン監督。

今作では、「惑星ソラリス」の原作「ソラリスの陽のもとに」で知られるSF界の巨星レムの「泰平ヨンの未来学会議」を映画化した。フォルマン監督は、映画の舞台を近未来のハリウッドに設定し、荒唐無稽なレムのSF小説の世界を独創的でダイナミックな表現で映像化。観る者すべてを魅了する。また今回、主演であり本作のプロデューサーとしても名を連ねるロビン・ライト(『フォレスト・ガンプ/一期一会』)は、ハリウッドで一躍脚光を浴びた女優でありながら齢をかさね、母として役者として生きぬく本人役で出演している。他にも、名優ハーヴェイ・カイテルや躍進めざましいゴディ・スミット=マクフィー(『猿の惑星:新世紀』)らが脇を固め、イマジネーション溢れる本作に確かな輪郭をあたえている。

ストーリー

スタッフ

監督:アリ・フォルマン 製作:アリ・フォルマン ラインハルト・ブルンディヒ ロビン・ライト 原作:スタニスワフ・レム 脚本:アリ・フォルマン アニメーション監督:ヨニ・グッドマン 撮影:ミハウ・エングレルト 音楽:マックス・リヒター

キャスト

ロビン・ライト ハーベイ・カイテル ポール・ジアマッティ ダニー・ヒューストン ジョン・ハム コディ・スミット=マクフィー サミ・ゲイル マイケル・スタール=デビッド フランシス・フィッシャー

LINK

□公式サイト
□IMDb
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す