原題:Adieu au langage / Goodbye to Language 3D

ヌーヴェルヴァーグの巨匠、ジャン=リュック・ゴダールが【3D】で描く最大の野心作

第67回カンヌ映画祭審査員特別賞

2014年/フランス/カラー/69分/2D&3D 配給:コムストック・グループ

2015年07月08日よりDVDリリース 2015年1月31日、シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー!

© 2014 Alain Sarde - Wild Bunch

公開初日 2015/01/31

配給会社名 0708

解説


今年のカンヌ国際映画祭でも話題の中心だった、83歳のヌーヴェルヴァーグの巨匠、ジ­ャン=リュック・ゴダールが初めて“3D”で長編を描いた野心作に、カンヌ国際映画祭­審査員特別賞のほか、ゴダール(とそのパートナーであるアンヌ=マリー)の愛犬、ロク­シー・ミエヴィルに “パルムドッグ審査員特別賞”が授与された。半世紀以上も前、スタジオ撮影が当たり前­の時代に、『勝手にしやがれ』(59)でカメラを屋外に持ち出し、街の空気感をそのま­まスクリーンに映し出して世間を驚かせ、カメラワークや編集、演出、台詞、俳優の扱い­など多くの革命を起こしたゴダールが今、新旧の技術を斬新に組み合わせた“映画芸術”­として、3Dの可能性に挑み、遊び心たっぷりに3Dという手法を変革する衝撃作!60­年代から半世紀以上、既存の手法にとらわれず、常に斬新な(新しい)表現で映画界を牽­引し続ける巨匠が今度は、3Dで未来の扉を開いた。「常に処女作を作る」と公言するゴ­ダールの“新しい波(=ヌーヴェルヴァーグ)”の進化形と呼ぶべき本作は、フランスの­みならずニューヨークでも大ヒットし、若い世代の熱い視線が注がれている。

ストーリー

純なアイデアだ 人妻と独身男が出逢う ふたりは愛し合い、喧嘩し、手を上げる 一匹の犬が町と田舎を彷徨う 季節は過ぎ去り 男と女は再び出逢う 犬は気付くとふたりへ割り込み もうひとりは、ひとりの中に ひとりは、もうひとりの中にいて ふたりは三人になる 前夫が全てを台無しにし 第二のフィルムが始まる 最初のフィルムと同じようで それでいて同じではない 人類からメタファーへと移り 最後は、犬の吠える声と 赤ん坊の泣き声で終わる

スタッフ

監督・編集:ジャン=リュック・ゴダール 撮影:ファブリス・アラーニョ『ゴダール・ソシアリスム』(2010)

キャスト

エロイーズ・ゴデ カメル・アブデリ リシャール・シュヴァリエ ゾエ・ブリュノー ジェシカ・エリクソン クリスチャン・グレゴーリ with ロクシー・ミエヴィル(アンヌ=マリー&ゴダールの愛犬)

LINK

□公式サイト
□IMDb
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す