原題:Taken 3

リュック・ベッソン製作・脚本×リーアム・ニーソン主演 『96時間』シリーズ最終章が遂に公開!

2015年/フランス/カラー 配給:20世紀フォックス映画

2015年1月9日(金)より日劇他全国ロードショー!

© 2014 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.

公開初日 2015/01/09

配給会社名 0057

解説


最愛の家族を救うため、驚異の特殊技能を駆使して悪党と闘う元CIA秘密工作員ブライアン・ミルズ(リーアム・ニーソン)が主人公のサスペンス・アクション・シリーズ。
1作目となる『96時間』では、人身売買組織に誘拐された最愛の娘を救出すべくパリの街を疾走。2作目『96時間/リベンジ』では、1作目でブライアンによって殺された組織の元締めの父親が復讐計画を実行。捕らわれた元妻と追われる娘を同時に救出しなければならないという、難易度も危険度も前作をはるかに凌駕するミッションに挑み、頭脳と肉体を駆使して起死回生の脱出、愛する家族を守りきった。

そして、ついに極限の哀しみと怒りが爆発するシリーズ最終章が公開。〈容疑者〉となった〈無敵の父親〉の最も非情で危険な暴走が始まる!
物語は前2作でヨーロッパの犯罪組織を壊滅させ、幸せな未来を踏み出そうとしている元CIA工作員ブライアンを襲う突然の悲劇で幕を開ける。命懸けで家族を守り抜いてきた男が、元妻レノーア(ファムケ・ヤンセン)を何者かに殺されてしまったのだ。さらに容疑者として警察、FBIやCIAにまで追われ、愛娘キム(マギー・グレイス)にも危機が迫るなか、ブライアンは研ぎすまされた頭脳&肉体と変幻自在の“特殊なスキル”を駆使し、最後の暴走を始める。事件の真相を究明し、謎の黒幕に償いをさせるために……。ブライアンは愛する娘を守ることができるのか?そして、独自の正義を貫いた暴走の果て、真実にたどり着いたブライアンが下す《最後の制裁》とは——?!

アカデミー賞ノミネート経験を持つ名優から最強のアクション・スターへと転身したリーアム・ニーソンが、製作&脚本のリュック・ベッソンとの三度目のタッグを実現。観客の度肝を抜く常識破りの頭脳戦と肉弾戦は健在で、さらにパワーアップした銃撃戦やカーアクションが最も危険な追跡劇を盛り上げる。

ストーリー

前作で再び娘と、さらには元妻を救い、家族の絆を取り戻したかにみえた元CIA捜査官ブライアン・ミルズ。しかし、元妻レノーアとの未来を思い描いていた矢先、彼女は何者かによって殺され、ブライアンに殺人容疑がかかる。CIA、FBI、そして警察から追跡される中、ついに彼は“特殊スキル”を行使することになる−−真犯人を突き止め、独自の正義を下すために。そして、今や彼にとって唯一の大切な存在、娘のキムを守るために。だが、そこには衝撃の真実が待ち受けていた——

スタッフ

監督:オリビエ・メガトン 製作:リュック・ベッソン 脚本:リュック・ベッソン、ロバート・マーク・ケイメン 撮影:エリック・クレス 美術:セバスティアン・イニザン 衣装:オリビエ・ベリオ 編集:オドレイ・シモノー、ニコラ・トレンバジウィック 音楽:ナサニエル・メカリー

キャスト

リーアム・ニーソン フォレスト・ウィテカー ファムケ・ヤンセン マギー・グレイス ダグレイ・スコット サム・スプルエル リーランド・オーサー

LINK

□公式サイト
□IMDb
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す