国民的映画『男はつらいよ』シリーズ終了から20年— 山田洋次監督 待望の喜劇映画

2015年/日本/カラー/108分/ 配給:松竹

2016年08月03日よりDVDリリース 2016年3月12日ロードショー

©2016「家族はつらいよ」製作委員会

公開初日 2016/03/12

配給会社名 0003

解説


結婚50年を迎えようとする夫婦。たまには妻に誕生日のプレゼントでも買ってやろうかと夫が欲しいものを聞いてみると、妻の答えはなんと・・・「離婚届」!一家に突然降りかかる、まさかの“熟年離婚”騒動を描く喜劇作品です。橋爪功×吉行和子が“離婚危機”に瀕する熟年夫婦を演じ、絶妙なコンビネーションを見せるほか、長男夫婦に西村雅彦×夏川結衣、長女夫婦に中嶋朋子×林家正蔵、次男カップルを妻夫木聡×蒼井優がつとめます。山田洋次監督が喜劇作品を発表するのは『男はつらいよ』シリーズ終了以来、20年ぶり。

 なんといってもファンをドキリとさせたのは『男はつらいよ』を想起させるそのタイトル。山田洋次監督は、本作の製作にあたって「男であり、女であり、人間であることは、難儀で厄介なことです。でも何とか、生きていかないといけない。そういう意味で、1969年から始まった寅さんシリーズに、『男はつらいよ』というタイトルをつけました。今回、それと全く同じ意味合いで、この映画に『家族はつらいよ』というタイトルをつけました。家族というのは、厄介で、煩わしくて、無くてもよいと思うこともあるのだけれど、やはり切り捨てるわけにはいかない。そのつらさを何とか切り抜けていかねばならない、そのためにあくせく大騒ぎする。そんな滑稽で不完全な人間を、表現したいと思いました。」と作品に込めた想いを語っています。

ストーリー

妻が欲しかった誕生日プレゼントは——「離婚届」!? 一家に突然降りかかった、まさかの“熟年離婚”騒動に、家族全員は大慌て!!結婚50年を迎えようとする平田家の主・周造と妻・富子。たまには妻に誕生日のプレゼントでも買ってやろうかと、周造が欲しいものを聞いてみると、富子の答えはなんと・・・「離婚届」!! 突然起きたまさかの“熟年離婚”騒動に、子どもたちは大慌て。何とか解決策を見つけようと《家族会議》を決行し、離婚問題について話し合おうとするものの、それぞれの不満が噴出しはじめ、事態は思わぬ方向へ・・・! 果たしてこの家族はどうなってしまうのか!

スタッフ

監督:山田洋次 脚本:山田洋次、平松恵美子 音楽:久石譲 製作:「家族はつらいよ」製作委員会

キャスト

橋爪功 吉行和子 西村雅彦 夏川結衣 中嶋朋子 林家正蔵 妻夫木聡 蒼井優

LINK

□公式サイト
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す