原題:Frankie & Alice

No.1ストリッパーフランキー。もう一人の人格、アリス。
彼女の目的は私を消すこと。
本当の自分を取り戻すために戦った、1人の女性と医師の奇跡の実話

多重人格ストリッパー フランキー&アリス

2010年/カラー/カナダ/シネスコ/101分/DCP/映倫:PG12
提供・配給・宣伝:プレシディオ/協力:エイベックス・ピクチャーズ

2015年05月08日よりDVDリリース
2014年9月20日(土)ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次ロードショー

©2009 F&A PRODUCTION SERVICES INC. All Rights Reserved.

公開初日 2014/09/20

配給会社名 0830

解説


本作は1970年代初期のアメリカが舞台。人気No.1ストリッパーフランキー(ハル・ベリー)は解離性同一性障害によって生まれた自分のもう一人の人格、アリスに日々悩まされていた。黒人女性であるフランキーに対し、アリスは白人の人種差別主義者だったのだ。フランキーが記憶をなくすたびアリスは事件を起こし、その間の記憶はない。徐々にアリスは力をつけていき、フランキーは存在を否定され、脅かされていく。サイコセラピストのオズ(ステラン・スカルスガルド)との出会いによって、この病気の元となったこれまで封印してきた過去と本当の意味で向き合い、病を乗り越えていく様を描いた奇跡の実話です。本作でハル・ベリーは一人3役を演じ分け、アカデミー賞受賞作『チョコレート』を越える演技、と世界中からの賞賛を受け、ゴールデングローブ賞主演女優賞にノミネートされました。

ハル・ベリーが、この現代版「ジキルとハイド」とも言うべき解離性同一性障害に苦しむ一人の女性の実話を初めて知ったとき、これが自分の作りたい映画だと直感し、ハリウッドで引く手数多だったこのプロジェクトを10年という長い歳月をかけて勝ち取り、自らプロデューサーも務めている。「この話はとても深いところで私の心を揺さぶったの。人種が入り混じった家庭に生まれた子供として、私は自分を重ね合わせ、このキャラクターに共感したわ。私だけに命を吹き込めるキャラクターだと思ったの」とハルは言う。

ストーリー






70年代アメリカ。No.1ストリッパーのフランキーは他のダンサーたちにとって憧れの存在だった。ある日、いつものようにダンサー仲間と夜遊びに繰り出し、そこで、出会った男性と一夜限りの関係をかわそうとしていたとき、急に彼女のキャラクターが変貌し、男性に怪我を負わせて家を飛び出してしまう。錯乱状態のまま警察に保護されたフランキーは、その言動の異常さから、病院へ送られてしまう。誰しもが、ドラッグのせいで彼女がおかしくなっていると思っていた中、サイコセラピストのオズだけが彼女に興味を持ち、オズの研究として本格的な診察を受けられることに。オズによってフランキーの驚愕の病が明らかになっていく。彼女の中には、アリスという人種差別主義の白人女性の人格も存在していたのだ。日に日にアリスは力を増して行き、フランキーの存在を凌駕しかけていた。オズはフランキーとともに、原因の究明とこの病を克服すべく封印された過去と向き合う決心をする・・・。

スタッフ

監督:ジェフリー・サックス
脚本:シェリル・エドワーズ
マルコ・キング
メアリー・キング
ジョナサン・ワターズ
ジョー・シュラプネル
アナ・ウォーターハウス
撮影:ニュートン・トーマス・サイジェル
美術:リンダ・デル・ロザリオ、リチャード・パリス
衣装:ルース・E・カーター
編集:デビッド・リチャードソン
音楽:アンドリュー・ロッキングトン

キャスト

ハル・ベリー
ステラン・スカルスガルド
フィリシア・ラシャド
チャンドラ・ウィルソン
ロザリン・コールマン
ジョアンヌ・バロン
ブライアン・マーキンソン

LINK

□公式サイト
□IMDb
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す