原題:Terminator: Genesis

2015年7月1日全米公開

2015年/アメリカ/カラー/2時間6分 配給:パラマウント

2015年11月18日よりDVDリリース 2015年7月10日(金)公開!

(c)2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

公開初日 2015/07/10

配給会社名 0154

解説


1984年の誕生以来、全世界累計興行収入14億ドル以上、日本でもシリーズ累計220億円を超える空前の大ヒットとなったSF映画の金字塔『ターミネーター』シリーズ最新作『ターミネーター:新起動/ジェニシス』は、今夏7月11日(土)全国公開。

そしてこの度、全世界待望の本作の新カットが解禁!30秒特報映像(アイルビーバック編)も公開され、新たな脅威、新たなミッション、新たな運命、シュワルツェネッガー扮する新たな “T-800型ターミネーター”の活躍に期待が高まる。

語り継がれてきた『ターミネーター』のタイムラインがすべてリセットされ、驚きの展開が連続する本作。『ターミネーター』(84年)では、人類反乱軍のリーダー、ジョン・コナーの母、サラ・コナーを守る為、未来から過去に送り込まれたカイル・リース。『ターミネーター2』(91年)では、亡きカイルの意志を受け継ぎジョンの命を守る母サラの姿が描かれるが、新作『ターミネーター:新起動/ジェニシス』では世界の命運を握る2人、サラ・コナーとカイル・リースが強敵との壮絶なバトルを繰り広げる。

結ばれない運命だった彼らが、1作目以来の再会を果たし、まったく想像もつかなかい驚きの展開になることが場面写真から読み取れる。そしてお馴染みのターミネーターの姿は、敵か、味方か。その全貌はまだ明らかになっていない。

“T-800型ターミネーター”を演じるは、アーノルド・シュワルツェネッガー。『ターミネーター3』(03年)以来、12年ぶりとなる、正真正銘、本物のアイルビーバック!

サラ・コナー役には人気TVシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」で人気を博し、”世界で最も美しい顔No1!”から”世界で最も有名な役”に抜擢されたエミリア・クラーク。カイル・リース役には『ダイ・ハード/ラスト・デイ』『アウトロー』で注目を集める若手俳優ジェイ・コートニー。ジョン・コナー役は最新作『猿の惑星:新世紀(ライジング)』ほかハリウッド大作での活躍ぶりが光るジェイソン・クラーク。

新たな戦いの中、人類滅亡へのカウントダウン「審判の日」は設定されてしまうのか!? 最新作『ターミネーター:新起動/ジェニシス』は、『ターミネーター』(84年)、『ターミネーター2』(91年)をベースに、新たな設定が加わる続編でもリメイクでもない、まさに”新起動”されたターミネーターだ!

ストーリー

2029年、人類とマシーンたちとの熾烈な戦いが繰り広げられている未来。自分を産んだ母、サラ・コナーの命を守るため、ジョン・コナーは信頼できる同志カイル・リースを過去に送る。『ターミネーター』(84年)と同様、タイムスリップしたが、何かが違う!か弱いはずのサラは逞しい女性戦士に変身を遂げ、T-800は彼女の守護神となっていた。カイルは新型ターミネーターT-1000に急襲されるものの、サラに助けられる。『ターミネーター』のサラとカイルとはなぜか正反対の関係になっていた。少女時代のサラに起きたことが影響を及ぼし、全ての時間軸はリセットされ過去も未来も変わってしまっていた。そして新たなる戦いの中、人類滅亡へのカウントダウン「審判の日」は設定されてしまうのか!?最新作『ターミネーター:新起動/ジェニシス』は、『ターミネーター』(84年)、『ターミネーター2』(91年)をベースに、新たな設定が加わる続編でもリメイクでもない、まさに"新起動"されたターミネーターだ。

スタッフ

監督:アラン・テイラー 製作:デビッド・エリソン、ダナ・ゴールドバーグ 製作総指揮:ポール・シュウェイク、ミーガン・エリソン 脚本:レータ・カログリディス、パトリック・ルシエ

キャスト

アーノルド・シュワルツェネッガー ジェイソン・クラーク エミリア・クラーク ジェイ・コートニー イ・ビョンホン

LINK

□公式サイト
□IMDb
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す