世界中で愛され続けているロングセラー待望の映画化

第18回上海国際映画祭パノラマ部門正式招待作品 
第39回モントリオール世界映画祭フォーカス・オン・ワールド・シネマ部門正式招待作品

2015年/日本映画/98分/カラー/ビスタサイズ/5.1chデジタル
配給:アスミック・エース、シナジー

2015年9月19日(土)シネスィッチ銀座ほか全国ロードショー
2015年9月12日(土)ロケ地高山市で特別先行上映あり!

(c)2015『ポプラの秋』製作委員会

公開初日 2015/09/12

配給会社名 0007/0341

解説


父を亡くした8歳の少女は母と引っ越してきたポプラ荘で、天国に手紙を届けることができるという大家のおばあさんに出会い、次第に心いやされていく——。
  湯本香樹実によるロングセラー小説「ポプラの秋」を、主演本田望結・中村玉緒で映画化。大好きだった父を失い、傷ついた心を抱える繊細な少女千秋を、ドラマ「家政婦のミタ」やフィギュアスケートの才能でも注目の本田望結が演じ、これが映画初主演作となった。ポプラ荘の大家のおばあさんを演じる映画出演100作以上のベテラン中村玉緒とは65歳差の共演となる。
 監督は、2014年に公開された『瀬戸内海賊物語』で少女たちの冒険をいきいきと描いた新鋭の大森研一。撮影監督には、是枝監督の『幻の光』でベネチア国際映画祭オゼッラ・ドゥオロ賞を受賞した撮影界の重鎮・中堀正夫。音楽を手がけたのは橋本愛主演の『さよならドビュッシー』で俳優としての顔も持つ人気ピアニストの清塚信也。
原作者の湯本香樹実は、映画化、舞台化された「夏の庭」などの作品で知られ、最新作「岸辺の旅」は映画化され第68回カンヌ映画祭【ある視点』部門で監督賞を受賞した。本作の原作の「ポプラの秋」も、1997年に発表されて以来、アジアのみならず、アメリカ、ヨーロッパなど世界10ヶ国で翻訳・出版され、言葉や文化の壁を越えて愛されている心温まる小説。映画も必ず、観る人の心を掴むだろう。
 撮影は、小京都と称される美しい飛騨高山で行われた。日本の観光地を格付けしたミシュラン・グリーンガイド・ジャパンで、最高の三ツ星をつけられたその古き良き街並みは、映画の中でも随所に映し出され、心を和ませる。

ストーリー






大好きだった父を突然亡くした8歳の千秋(本田望結)は、失意の母(大塚寧々)と共に引っ越してきたポプラ荘で、不思議な大家のおばあさん(中村玉緒)と出会う。
父を失ったことで心に不安を抱えた千秋におばあさんは、「自分は亡くなった人に手紙を届けることができる」と話し、その言葉を信じた千秋は死んだ父へ手紙を書き続ける——。

 天国の父への手紙に溢れる想いを静かに綴っていく少女とおばあさんの心の触れ合いを描いた、心をいやす感動の物語。

スタッフ

監督:大森研一
原作:湯本香樹実『ポプラの秋』(新潮文庫刊)
音楽:清塚信也
企画:ZOOM
特別協力:高山市、一般社団法人飛騨・高山観光コンベンション協会、高山市観光連絡協議会
協賛:EDION  
配給:アスミック・エース/シナジー

キャスト

本田望結
中村玉緒
大塚寧々
村川絵梨
藤田朋子
宮川一朗太
山口いづみ
内藤剛志(特別出演)

LINK

□公式サイト
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す