ガールズカルチャーの新しい才能・漫画家ふみふみこの衝撃のデビュー作が待望の実写映画化!

2014年/日本/カラー/95分
配給:アイエス・フィールド、アルゴ・ピクチャーズ

2014年07月02日よりDVDリリース
2014年6月28日(土)より渋谷・ユーロスペースほか全国公開

(C)ふみふみこ/徳間書店・2014映画「女の穴」製作委員会
(C)FUMIKO FUMI/徳間書店

公開初日 2014/06/28

配給会社名 1250/0090

解説


漫画家・ふみふみこ。人気漫画家・浅野いにお、ヤマシタトモコ、小池一夫、イラストレーター・中村佑介から絶賛され、ミュージシャンの曽我部恵一など各方面から大きな注目を集めている。かわいらしい画風と人間の内面【欲望】を鋭くえぐる観察眼から繰り出される不思議な世界観に魅了されたファンが急増している。
原作となったのは、2012年の各種年間ベストテンにランクインした衝撃のデビュー短編集「女の穴」。本作では、人間との子供を作りたいと男性教師にせまる宇宙人女子高生と、ゲイの中年教師を偏愛する優等生の物語を見事に映像化。女子高生の中に潜む欲望、虚無、自分をも狂わせる激しい恋ごころが暴走するさまをキュートに描く。

子供を作ろうと教師・福田に迫る宇宙人女子高生・鈴木幸子を演じるのはグラビアアイドル・市橋直歩。ハゲでチビでゲイの中年教師・村田を調教する萩本小鳩を演じるのはお菓子系アイドル・石川優実。二人とも映画初出演・初主演ながら、肉体と感情の鮮やかな表現力で強烈な印象を残す。鈴木に迫られる若き男性教師・福田役に、『ヒミズ』(12)『千年の愉楽』(13)『Sweet Sickness』(13)などに出演し注目を浴びる小林ユウキチ。小鳩に調教される教師・村田役には、『セーラー服と機関銃』(81)以降数々の映画やドラマに出演し、近年はバラエティ番組でも活躍する酒井敏也。持ち前のキュートな風貌と演技力で、原作の愛らしさを見事に体現している。
 
「ふみふみこワールド」を見事実写化したのは、独特の感性から繰り出されるフェティッシュな映画に定評のある吉田浩太監督。『ユリ子のアロマ』(10)『オチキ』(12)『うそつきパラドクス』(13)に続く本作では、ひたすら性にまい進する人々を愛と笑いのエンターテイメントに昇華した。エンディングテーマはアングラ的な世界観と中毒性のあるダンスビートで魅了する女性ボーカルスリーピースバンド・MAMADRIVEが本作のために書き下ろした新曲。地方の一都市から宇宙にまで飛躍する本編のラストを飾り、壮大なスケールを感じさせる余韻を残す。

 恋って何? 人はどうしてセックスするの? 誰かを好きになり、誰かから好かれる喜びと切なさを身悶えするほどにかき立てる、ポップでHな暴走純愛エンターテインメントの誕生!

ストーリー







高校卒業も迫る冬。生徒たちが集まり、卒業アルバム製作委員会が開かれる。生徒の中には鈴木幸子、まじめな萩本小鳩、イケメンの取手衛らがいる。担当するのは教師の福田。その外には取手に想いを寄せる教師の村田が覗いている。

福田は鈴木と卒業アルバムの件で打ち合わせをしているが、彼女の【穴】みたいな目が何だか怖い。しかし彼女は福田に持ちかける。「私と子供を作ってくれませんか?」聞けば自分は宇宙人で、地球人との子供を作るよう命じられているという。据え膳くわぬは・・・と待ち合わせのみかん畑に向かい、セックスをする。そこで福田が分かったのは「ああ、こいつ、人間じゃないわ」。子供を作るために何度セックスをしても、鈴木の目は【穴】があいたままで・・・・

一方、男子生徒・取手に想いを寄せる村田は、夜の教室で取手の机を愛でながら自慰行為にふけるのが日課。しかしその日課を萩本小鳩に見つかり、以来彼女の【豚】として調教されることになる。苦しむ村田の表情を見ると、喜ぶ小鳩。そんな毎日に耐えかねて村田は小鳩を拒否するが、彼女の村田への狂おしいまでの想いは、【鬼】となって、暴走を始めていた・・・

スタッフ

監督:吉田浩太
プロデューサー:行実良、若林雄介
アソシエイトプロデューサー:関顕嗣
原作:ふみふみこ
脚本:吉田浩太
撮影:山崎裕典
照明:岩切弘治
録音:小原善哉
美術:露木恵美子
装飾:斉藤暁生
音楽:松本章
主題歌:MAMADRIVE

キャスト

市橋直歩
石川優実
小林ユウキチ
布施紀行
青木佳音
酒井敏也

LINK

□公式サイト
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す