原題:Flower and Snake: Zero

プチョン国際ファンタスティック映画祭2014・Forbidden Zone部門

2014年/日本/カラー/113分/
配給:東映ビデオ

2014年5月17日よりロードショー

(C)2014 東映ビデオ

公開初日 2014/05/17

配給会社名 0144

解説


団鬼六の官能小説を原作に、これまで8本もの劇場映画が作られてきた人気シリーズ『花と蛇』。
なかでも、2004年に公開された東映ビデオ製作の『花と蛇』(監督:石井隆 主演:杉本彩)は大ヒットを記録、
官能SM映画の新たな金字塔的作品となりました。
あれから10年——。あなたの想像を遥かに超えるまったく新しい映画、『花と蛇 ZERO』が今、幕を開けます!

今回、これまでヒロイン・静子を中心に描かれてきた物語を大胆にも“女優3人主演”という設定に一新。さらに、過激かつ過酷なシーンに体当たりで挑むことができる女優を募るべく、3人の主演女優たちはすべてオーディションで決定。その結果、天乃舞衣子、濱田のり子、桜木梨奈というキャストが集結。【性に翻弄される】女刑事、【性によって十字架を背負う】囚われの人妻、【性に目覚めていく】平凡な主婦という三者三様の“性”が体現されました。さらに、女刑事・美咲(天乃舞衣子)の頭の切れる上司・馬場警部を
人気芸人、作家、俳優、映画監督と多方面で活躍する木村祐一が演じ、物語により一層の深みを与えるキーパーソンとなっています。

そして、『花と蛇』シリーズの真骨頂であるエロスと体力の極限を突きつめたSMプレイの数々は本作でも炸裂、3女優の“艶技合戦”は壮絶の一言。なかでも、3つの女体が麻縄で繋がれ快感が呼応しあう連縛シーンは、官能を超えて神々しさすら感じる“神ショット”と言っても過言ではありません。
監督は『相棒シリーズ XDAY』、『探偵はBARにいる』シリーズなどで知られる橋本一。“官能SM”という新たなジャンルに挑戦し、エッジの効いた官能世界を描きます。そして、壇蜜主演作『私の奴隷になりなさい』で一大ブームを巻き起こした港岳彦が脚本を担当。日本映画界をリードする最強タッグがこれまでにない『花と蛇』を創り上げました。

ストーリー








監禁された女の調教シーンがライブ配信される違法動画サイト「バビロン」。
警視庁の雨宮美咲は、その首謀者を追いかけていた。一方、「バビロン」に監禁されてしまった遠山静子は、自身の陵辱シーンを配信されてしまう。そんな静子の姿を見て自慰に耽り、覚醒していく主婦の瑠璃——。謎のサイトを中心に、やがて3人の女たちは調教の罠に堕ちながらも、性の悦びに目覚めていく。

スタッフ

監督:橋本一
原作:団鬼六
脚本:港岳彦

キャスト

天乃舞衣子
濱田のり子
桜木梨奈
津田寛治
川野直輝
榊英雄
辻本祐樹
菅原大吉
木村祐一

LINK

□公式サイト
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す