「ウソ」から始まった僕の旅。 出会う人は 皆、必死で、厳しくて、とても優しかった。

2013年/日本/カラー/113分/ 配給:BS-TBS

2013年9月28日(土)シネマート新宿、シネマート心斎橋他 全国ロードショー

©2013「またかな」製作委員会

公開初日 2013/09/28

配給会社名 1435

解説


第24回JUNONスーパーボーイ・コンテスト グランプリ受賞、
期待の若手俳優・佐野岳、初主演映画!!

この度、TBSサービス60周年記念作品、映画『「また、必ず会おう」と誰もが言った。』が9月28日(土)に公開される運びとなった。本作は、喜多川泰原作の同名小説を映画化。些細な嘘をきっかけに一人旅に出ることになった、熊本の高校生・和也が人との出会いを通じて成長する姿を描く。監督は「ホームレス中学生」「武士道シックスティーン」の古厩智之。「ケータイ刑事」、「東京少女」などのヒットシリーズでも、若手俳優の魅力を最大限に引き出し、その輝きを描き出してきた。主人公・和也を演じるのは、本作が映画初主演となる佐野岳。2011年に、第24回JUNONスーパーボーイ・コンテストでグランプリを受賞し、スポーツバラエティ「究極の男は誰だ!?最強スポーツ男子頂上決戦」で総合優勝を飾って一気に注目を集め、ドラマ「GTO」「捜査地図の女」「鴨、京都へ行く。」と連続して出演している。

東京に出てきて行く宛てのない和也に声をかける女性を杉田かおるが、なりゆきで和也をトラックに乗せ、面倒を見るトラック運転手をイッセー尾形が演じ、嶋田久作、古村比呂、国広富之らベテラン俳優が脇を固めている。

ストーリー

“誰か”は、あなたのそばにもきっといる。誰の心にも残る10代の危うさと瑞々しさが ストレートに胸に響く、じんわり温かいストーリーが誕生!! クラスに居場所はある、と思う。だけど、人の目ばっかり気になって、人に合わせる事が何よりも大切で、空っぽな自分を見透かされないために、ついウソをついてしまう。ある日、「東京は臭い」と、同級生についウソをついてしまったことから東京に一人旅に出ることになった高校生の和也。初めての東京で財布をなくし、証拠の写真も思うように撮れない。 路頭に迷っているところへ声をかけてきた昌美に助けられた和也だったが、「人より先に動いて人の役に立て」と言われふてくされる。成り行きでトラックに乗せてもらい、共に旅をすることになった柳下には、「嘘の中に生きる覚悟がないなら、つくな」と叱られ、「自分で何かやって掴み取ったものでなきゃ何の意味もない」ことを教わった。そんな旅の途中で出会ったのは、母親と離れて暮らす亮平だった。柳下の代わりに母親の元へ亮平を送っていくことになった和也だったが…。 ひょんなことから始まった和也の旅は、まだ見たことのない世界へとつながっていた。 初めての一人旅。出会った大切な人達は誰もが、「また、必ず会おう」と言った———。

スタッフ

原作:喜多川泰「また、必ず会おう」と誰もが言った。(サンマーク出版 刊) 監督:古厩智之  プロデューサー:丹羽多聞アンドリウ  脚本:加藤淳也   音楽:遠藤浩二 製作:[「またかな」製作委員会]TBSサービス/BS-TBS/TCエンタテインメント 配給:BS-TBS  制作協力:ビデオプランニング  配給協力:アーク・フィルムズ

キャスト

佐野岳 杉田かおる 嶋田久作 塚本晋也 徳井優 水木薫 戸田昌宏 唯野未歩子 瀧澤翼 角替和枝 古村比呂 国広富之 イッセー尾形

LINK

□公式サイト
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す