原題:Todos tenemos un plan

第82回アカデミー賞外国語映画賞受賞

2012年/アルゼンチン、スペイン、ドイツ/スペイン語/117分/カラー/G/シネマスコープ/ドルビーデジタル/字幕翻訳:中沢志乃
配給:ブロードメディア・スタジオ

2013年7月12日、TOHOシネマズシャンテ他全国順次ロードショー!

© 2012 Tornasol Films SA/Haddock Films SRL/Castafiore Films SL/Terz Filmproduktion

公開初日 2013/07/12

配給会社名 0551

解説


『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのアラゴルン役で一躍脚光を浴び、『イースタン・プロミス』で第80回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされた名優ヴィゴ・モーテンセンが初のプロデュースに挑戦。さらに第82回アカデミー賞外国語映画賞を受賞したアルゼンチン映画『瞳の奥の秘密』のキャスト、スタッフが集結し、サスペンスフルな人間ドラマが誕生した。ヴィゴ・モーテンセンは主演としても幼少期を過ごしたアルゼンチンを第二の故郷と公言するだけに流暢なスペイン語を全編に渡って披露。一卵性双生児、医師アグスティンと犯罪に手を染めるペドロの二役という難役に挑んでいる。

ストーリー









兄を殺害し、兄になりすまし、兄を内包しながら、偽りのなかで見つけた本当の自分。
ただ、人生をやり直したかった‥。しかし、これは誰の人生なんだ━。
アグスティンは医師としてブエノスアイレスで妻と裕福な暮らしをしながらも重圧を感じ、空虚感に苛まれていた。ある時、長らく離れていた一卵性双生児の兄ペドロが訪れ、末期癌であることを告げて自分を殺すよう懇願する。突然の申し出に困惑するが、あるきっかけで殺害してしまったアグスティンは自分が死んだことにして、ペドロになりすまして人生をやり直そうと考える。ブエノスアイレスから北へ30km程のデルタ地帯、少年時代を過ごしたティグレへと帰った彼は、ペドロが関わっていた闇の犯罪へと巻き込まれていく━。アグスティンの死に疑問を抱く妻。自分に疑惑の眼差しを向ける幼馴染み。心を惹かれていく女‥。己の痕跡を消し去った世界で、嘘と真実、因縁と運命が交錯していく果てには何が待ち受けているのか━。

スタッフ

監督:アナ・ピーターバーグ

キャスト

ビゴ・モーテンセン
ソレダ・ビジャミル
ダニエル・ファネゴ
ハビエル・ゴディーノ
ソフィア・ガラ・カスティリオーネ

LINK

□公式サイト
□IMDb
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す