原題:The Grandmasters

2012年12月18日中国公開

2013年/香港・中国・フランス/カラー/123分/
配給:ギャガ

2014年07月03日よりDVDリリース
2013年12月05日よりDVDリリース
2013年5月31日(金)よりTOHOシネマズ日劇ほかにて全国ロードショー

(C) 2013 Block 2 Pictures Inc. All rights reserved.

公開初日 2013/05/31

配給会社名 0025

解説


壮大な歴史の中で生まれ、研ぎ澄まされてきた中国武術。その技と心を極め継承する者を、人は〈グランド・マスター〉と呼んだ。

激動の時代に抗い、運命を切り開こうとした実在のグランド・マスター達の愛と宿命の物語。
構想17年−ウォン・カーウァイ監督がかつてない映像美とハリウッドもひれ伏すアクションで描き出すエンターテインメント超大作が完成!

  かつて、これほどまでに美しく悲しいアクション・シーンが、あっただろうか──? 
  ベルリン国際映画祭のオープニング作品として、世界に初披露された、『花様年華』『2046』のウォン・カーウァイ監督の最新作に、人々は魂を奪われ、言葉を失くした。
  今も絶大なる人気を誇る永遠のアクション・スター、ブルース・リーの、ただ一人の師として知られる、伝説の武術家・。本作『グランド・マスター』は彼の知られざる実話をもとに、中国武術を受け継ぎ、その技と精神を磨き上げ、次代に継承していった宗師〈グランド・マスター〉たちの闘いを描く、愛と宿命の物語だ。
  すべての始まりは、ウォン監督が『ブエノスアイレス』撮影中のアルゼンチンで、ブルース・リーが表紙の雑誌を見たこと。遠い外国で愛され続けている彼の映画を撮りたいと熱望したのだ。それから17年の間に、構想は中国武術の世界へと広がり、8年もの歳月をかけて、膨大な資料の研究と、現在のグランド・マスターたちへの綿密な取材を実施した。動乱の時代に翻弄された20世紀前半を中心に、中国武術の壮大な歴史に真正面から立ち向かい、撮影に3年をかけた監督のが、遂に完成した!

裏切りの弟子、愛を捨てたの娘、
特務機関のスパイ、運命に泣く最強の男
すべての流派の頂点に立つ、“真のグランド・マスター”となるのは誰か──?

  世界をのみこむ戦争の足音が刻一刻と迫る1930〜40年代、中国。流派を極めた長は宗師〈グランド・マスター〉と呼ばれるが、北のの宗師であるは引退を決意し、その地位と生涯をかけた南北統一の使命を最強の者に譲ろうとする。候補はの使い手である一番弟子のと、南のの宗師・。パオセンの娘で、奥義六十四手を唯一受け継ぐも、父の反対を押して名乗りを上げる。
  だが、野望に目の眩んだマーサンがパオセンを殺害、ルオメイはイップ・マンへの想いを胸の奥底に沈め、女としての幸せを捨て、仇討ちを誓う。継承者争いと復讐劇、愛と憎しみが絡み合う、壮絶な幕が切って落とされた。の宗師でと呼ばれる謎の男も、不穏な動きを見せている。果たして、力と技と心で闘いを制し、真のグランド・マスターとなるのは誰か──?

現代のグランド・マスターたちから訓練と教えを受け、
肉体も精神も武術家に生まれ変わった、
アジアの豪華トップスターたち
  
  イップ・マン最後の直弟子であるダンカン・リョンから直接、4年間にも及ぶトレーニングを受け、心身共にイップ・マンを“生きた”のは、『インファナル・アフェア』『レッドクリフ』シリーズのトニー・レオン。
  イップ・マンへの愛を封印し、復讐に人生を捧げるゴン・ルオメイには、『HERO』『SAYURI』のチャン・ツィイー。本編公開に先駆けてインターネット配信されたメイキング映像での一流女優の過酷な特訓は全世界を驚かせた。
  今やアジアから世界のトップスターに登りつめた、この二大俳優をも威圧する、鋭利な存在感で一線天を演じるのは、『レッドクリフ』シリーズのチャン・チェン。なんと2012年、中国の吉林省で行われた八極拳の全国大会で優勝し、大きなニュースとなった。
 撮影は、『プロヴァンスの贈りもの』のフィリップ・ル・スール。音楽は『ハンニバル・ライジング』『シングル・マン』など国際的に活躍する梅林茂。また『マトリックス』『キル・ビル』シリーズ、『グリーン・デスティニー』のアクション監督、ユエン・ウーピンの武術指導のもと、実戦で鍛え抜かれたリアルな拳術でありながら優美さをも追求した壮絶な武闘シーンが展開する。
  ここで描かれているのはヒーローが活躍するための<武術>ではない。<武術家>として生きる者たちの<技>と<心>を監督ならではのスタイリッシュで官能的な映像美で描かれた、まさに一期一会の比類なきエンターテインメント超大作がここに誕生!

ストーリー







引退する北の宗師(ルビ:グランド・マスター)。その地位と南北統一の使命を引き継ぐのは──?

  いにしえより流派を極めた長は、宗師〈グランド・マスター〉と呼ばれる。1936年、中国。北のの宗師であるは引退を決意し、弟子の (マックス・チャン)を跡継ぎに指名する。だが、パオセンにはやり残したことがあった。武術における南北の統一だ。パオセンは南の佛山で引退試合を開き、自分に勝った“真のグランド・マスター”に、その使命を任せようと決める。
  パオセンの真意は、内戦と満州事変を経て、世界規模の戦争が近付く今、武術界がひとつになって国を守ること。だが、野望を抱くマーサンは南の各流派を潰しにかかり、怒ったパオセンに佛山から追い払われる。パオセンの娘で、奥義六十四手をただ一人受け継ぐ (チャン・ツィイー)も、時代の動きなど眼中になく、頭には勝つことしかなかった。
北の宗師との勝負を制した、南のの宗師・イップ・マン──
  
  一方、南の武術界も絶対に負けられないと意気込み、詠春拳の宗師・ (トニー・レオン)を送りこむ。裕福な家に生まれ、7歳で詠春拳の門下に入ったイップ・マンは三代目宗師を引き継ぎ、高貴な家系の妻と二人の子供と豊かで満ち足りた暮らしを送っていた。
  闘いの舞台は、佛山で最も有名な娼館、金楼。イップ・マンはまず、ここで働く様々な流派の武術家たちと闘わなければならない。八掛掌、、の使い手である武術家たちを倒したイップ・マンにパオセンは、己の手の中の餅を「割ることが出来るか」と問う。高度な技と強い精神力で餅を割り、「あなたにとって餅すなわち天下は、私にとって武術界ではなく世界だ」と答えるイップ・マン。彼の視野の広さに感服したパオセンは、「あなたに後を託そう」と高らかに宣言する。

技の継承にかける想い。北の宗師の娘とイップ・マンの闘い──
  だが、「家の負けはゴン家の私が取り返す」と、ルオメイは父に黙ってイップ・マンを金楼に呼ぶ。相手の一瞬の動きも見逃さない緊迫した攻防は、奥義六十四手を見事に決めたルオメイの勝利に終わる。その時、同じ高みを目指す二人の間に、何かが芽生える。次はもう一つの奥義“”を見せると約束し、ルオメイは東北へ帰る。
  雪に包まれた地から手紙を送るルオメイ。彼女の胸には、熾烈な闘いで交わした視線と重なる呼吸が、なぜか甘く切なく甦る。外套を新調し東北行きを心待ちにするイップ・マンもまた、胸を弾ませていた。
動乱の時代へ突入、狂い始めた宗師たちの運命──

  1937年、日中戦争勃発。1938年10月には日本軍が佛山に侵攻、イップ・マンの邸は憲兵隊に奪われる。日本軍への協力を拒否したイップ・マンは、生まれて初めての貧窮に苦しむ。援助してくれた金楼の主人も爆撃に散り、さらには幼い娘の餓死という最大の悲劇がイップ・マンを襲う。
  一方、ルオメイは列車のなかで、日本軍に追われる男を助ける。の宗師・ (チャン・チェン)、中国国民党の特務機関に属し、暗殺者として恐れられる男だ。反対にマーサンは日本側につき、1940年に満洲国奉天の協和会長に就任する。

権力と野望に目がくらみ、師匠を殺害したマーサン──
 
 そんなマーサンの人格を問題視するパオセンは、「ゴン家を継がせることはできん」と言い渡す。逆上したマーサンは師匠を殺害する。娘の幸福を願った父の遺言は、「恨みは忘れろ」だったが、ルオメイは仇討ちせずに幸せなどあり得ないと、父の側近だったを従えてマーサンのもとへ乗り込む。
  だが、マーサンは結婚してゴン家でなくなるルオメイに技を伝える資格はないと言い放つ。あくまで自分が後継者だと言うのだ。ルオメイは婚約を破棄し、秘めていたイップ・マンへの想いも封印し、ただひたすら復讐に向かって技を磨く──。

受け継がれるのは<技>ではない。<心>だ。 
全てを捨て挑んだ、壮絶な復讐の行方は——?
  1950年、香港。第二次世界大戦が終結して5年、中華人民共和国が設立した翌年、宗師たちはそれぞれの事情で、この街に流れてきた。妻を置いてきたイップ・マンは武術を教え、多くの弟子たちから慕われている。一線天は、激烈な闘いを制して組織から脱退、その後八極拳を弟子に伝えた。そして診療所を開くルオメイを訪ねたイップ・マンは、10年前の大晦日の復讐劇を知る。悲しくも壮絶なその結末を──。
  1952年、イップ・マンはルオメイに再び呼び出される。「今夜は、けじめをつけたくて」と語り出すルオメイの〈最後の告白〉とは──?

スタッフ

監督:ウォン・カーウァイ
製作:ウォン・カーウァイ、ジャッキー・パン
製作総指揮:ソン・ダイ、チャン・イー・チェン、ミーガン・エリソン
原案:ウォン・カーウァイ
脚本:チョウ・ジンジ、シュー・ホーフェン、ウォン・カーウァイ
撮影:フィリップ・ル・スール
プロダクションデザイン:ウィリアム・チャン、アルフレッド・ヤウ
衣装デザイン:ウィリアム・チャン
編集:ウィリアム・チャン
音楽:梅林茂、ナサニエル・メカリー
武術指導:ユエン・ウーピン

キャスト

トニー・レオン:葉問(イップ・マン)
チャン・ツィイー:宮若梅(ゴン・ルオメイ)
チャン・チェン:一線天(カミソリ)
マックス・チャン:馬三(マーサン)
ワン・チンシアン:宮宝森(ゴン・パオセン)
ソン・ヘギョ
チャオ・ベンシャン
シャオ・シェンヤン
ユエン・ウーピン(特別出演)
ラウ・カーヨン(特別出演)
チョン・チーラム(特別出演)
カン・リー(特別出演)

LINK

□公式サイト
□IMDb
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す