2010年/日本/DV/60分/R18
配給:DKプロダクション「ぴんくりんく」編集部

2012年6月2日よりオーディトリウム渋谷にて2週間限定レイトショー

公開初日 2012/06/02

公開終了日 2012/06/15

配給会社名 1326

解説

緊縛[KINBAKU]に対する美学と、ピンク映画への異常な愛情…。
緊縛映画監督とピンク映画解説者の誇大妄想…。
ピンク映画と全裸緊縛、この2つのキーワードを純粋に追求していった最終的な形が、
セミ・ドキュメンタリーというフィクションとノンフィクションのはざまを行き交うエロス・アート作品になりました。
二部構成ですが、どちらからご覧頂いても支障はございません。
第壱部は、7人の現役ピンク女優たちへのインタビューと、彼女たち各々の全裸緊縛イメージ・カットで構成されています。
ピンク映画の最前線に立つ女優たちが語るピンク映画への熱き思いと、そして緊縛…。
第弐部は、オール大阪ロケ。実際のピンク映画館などで緊縛ヌード撮影を敢行!
新人女優は、一般公募のオーディションにより選ばれた「ぴんくりんく」読者のOLと女子大生。堂々の全裸デビューです!!

ストーリー

スタッフ

監督・編集・緊縛:ダーティ工藤
脚本:シロート・シャブロル
撮影:クラウス・マンスキー
撮影協力:シマダタモツ、PLANET+1、梅田日活劇場、SUN SHOP
協力:ノーザンライト、BAR際、安部孝則
特別協力:渡辺 護
挿入映画:『紅壺』(1965年/監督:渡辺 護)
音楽:GOLDMAN
挿入曲:「桃ビラのブルースA」「桃ビラのブルースB」
「アイラブユー・アイウオンチュー・アイニーデューⅠ」
「アイラブユー・アイウオンチュー・アイニーデューⅡ」
スチール:太田耕耘キ、平塚正男、(助手)ムクメテツヤ
プロデュース:太田耕耘キ
製作・配給・著作:DKプロダクション 「ぴんくりんく」編集部

キャスト

古本奇納子 <新人>
町田 翠 <新人>  
宮咲志帆

LINK

□公式サイト
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す