原題:Chantrapas

2012年早春、岩波ホールほか全国順次公開
2010年カンヌ国際映画祭特別招待作品

2010年9月22日(フランス)

2010年/フランス=グルジア=ロシア/35mm/カラー/1.85/ドルビーデジタル/126分
配給:ビターズ・エンド

2012年2月18日、岩波ホールほかにてロードショー

©2010 Pierre Grise Productions

公開初日 2012/02/18

配給会社名 0071

解説


『月曜日に乾杯!』『ここに幸あり』の巨匠イオセリアーニ最新作!
“自分自身でいることの困難と喜び”を謳う半自伝的映画。

旧ソ連体制下のグルジア。映画監督のニコラは、検閲や思想統制によって思うように映画作りが出来ないことに耐えかねて自由を求めてフランスへと向かう。ところがフランスでも、映画に商業性を求めるプロデューサーとの闘いがあったり困難の連続。はたしてニコラは自分自身が本当に望んでいるものを作ることが出来るのか? アイデンティティーを確立し、“自分自身でいること”の難しさと大切さをイオセリアーニが詩情豊かに描く半自伝的映画。

ストーリー

スタッフ

監督:オタール・イオセリアーニ

キャスト

ダト・タリエラシュヴィリ
ビュル・オジェ
ピエール・エテ

LINK

□公式サイト
□IMDb
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す
http://youtu.be/x3YoDe9avaQ
ご覧になるには Media Player が必要となります