2011年/日本、韓国/カラー/65分/
配給:海峡をつなぐ光製作委員会

2011年6月25日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町にてモーニングショー 他全国順次公開

(C)2011海峡をつなぐ光製作委員会

公開初日 2011/06/25

配給会社名 1230

解説


今からおよそ1400年前、飛鳥時代に推古天皇が拝んでいたとされる国宝の馬具「玉虫厨子」が造られました。また、韓国でも、玉虫厨子と同じように玉虫の翅で装飾され、玉虫厨子の100年前に制作されたという新羅時代の王様の「玉虫馬具」が発見。偶然にも、これら歴史的美術品の復元プロジェクトが日韓両国の職人によりスタートし、完成したのです。職人はまるで1400年前に原物を作った制作者達と会話するかのように、少しずつ疑問を解きながら、見事に馬具を復元していきます。その仕事場に在日4世の新生タレント、入矢麻衣が、日韓両国の匠へのインタビュアーという役目を担いながら、自らのアイデンティティーを見つめなおし、玉虫が繋ぐ日本と韓国の新たなる可能性を探ります。

ストーリー

スタッフ

監督:乾 弘明
プロデューサー:益田 祐美子

キャスト

旅人:入矢麻衣 
語り:西岡徳馬

崔 光雄
立野敏昭
植島寶照
山田耕健
李 明勲
芦澤七郎  他

LINK

□公式サイト
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す