原題:PRIMAL

友を喰う! 恋人を喰う! カンガルーも喰う!!
喰い尽くすまで終わらない— 血塗られた“共喰い”祭り!

2010年/オーストラリア/カラ /ビスタサイズ/ドルビーデジタル/84 分/デジタル上映
配給:キングレコード

2011年11月09日よりDVDリリース
2011年5月7日(土)より、シアターN渋谷にてレイトショー他、全国順次公開

©2010 Prima Films Pty Ltd.

公開初日 2011/05/07

配給会社名 0109

解説


こっちの肉は、美・味・い・ぞ!
地獄の共喰山<トモグイヤマ>にて食人バトル勃発!

遥か昔—。オーストラリアの原生林にそそり立つ巨大な岩山に向かい、一心不乱に壁画を綴る男がいた。その背後に忍び寄る黒い影。岩肌に鮮血が飛び散り、森は静寂に包まれる……。
それから1万2千年後の現代。古代壁画に興味を抱くアーニャは、友達5人を誘って深い森に広がる洞窟を目指す。調査がてらの気楽なキャンプ旅行のつもりだったが、目の前に現れた原始のままの美しい自然に若者たちは息を呑む。一行は軽く洞窟の下見に出かけるが、アーニャは突然パニックの発作を起こし、腕を怪我してしまう。大地に滴り落ちる血。そのとき、静かな森に一瞬、邪悪な波紋が広がった。

日が落ちて、深い闇が周囲を包む。全裸で水浴びを楽しんでいた仲間のひとり、メルが蛭に襲われて鋭い悲鳴を上げた。高熱に倒れた彼女の容態は急速に悪化し、無数の牙を持つ人食い悪鬼へと変身した。深い森に逃げ込んだメルを追う5人。だが、まるで食人病が伝染するかのように第2の悪鬼が出現する。アーニャは気づいた。この森には人間の理解を遥かに超えた未知なる存在がいる—。食うか、食われるか。若者たちは出口なき血みどろの共喰い地獄へと落ちてゆく。

友人を喰う!恋人を喰う!カンガルーも喰う!!
豪州発!世界が驚愕した“共喰い映画”登場!!
甦ったオージーホラー名匠の血—
新鋭監督ジョシュ・リード、ここに見参す!

監督・脚本・製作を手がけるのはオーストラリアから現れた新鋭ジョシュ・リード。TV業界で腕を磨き、本作が劇場用長編デビュー作に当たるが、実は彼の父親はタランティーノがベスト・オージーフィルムの1本と絶賛する『ロング・ウィークエンド』(78)を撮った豪ホラーの名匠コリン・エッグルストン。
父の影響でB級映画や怪奇物に強い愛着を抱いて育ったジョシュは、製作者のナイジェル・クリスチャンセンが、豪州の世界遺産・ブルーマウンテンズ国立公園の廃鉱で感じた“言い知れぬ不安”に着想を得て世にもおぞましいストーリーを創作。同公園はシドニーから日帰りで行ける人気の観光地で、文化的にも貴重なアボリジニのロックアートが発見される一方、ここ数年の間に行方不明・死亡事件が度々発生。09年には英国人青年の12日間に渡る奇跡のサバイバル生還劇が話題になったばかり。

大自然の神秘と、闇に潜む太古の魔物、鋭い牙を剥く食人モンスターとの死闘をリアルな恐怖に昇華させ、新感覚のバイオレントホラーがここに誕生した。スペインのシッチェス映画祭、テキサス・ファンタフェスト、ロンドン・フライトフェストなど、世界の有名映画祭を騒然とさせた未体験の衝撃、“共喰い”ショックがこの夏、あなたに襲いかかる!

ストーリー


こっちの肉は、美・味・い・ぞ!
出口なき緑の地獄に展開する、血みどろの喰人祭り

遥か昔—。オーストラリアの原生林にそそり立つ巨大な岩山に向かい、極彩色の顔料で一心不乱に壁画を綴る男がいた。低い唸り声と共に、その背後に忍び寄る黒い影。岩肌に鮮血が飛び散り、森は静寂に包まれる……。

それから1万2千年後の現代。古代壁画に興味を抱く女学生のアーニャは、友達5人を誘って緑濃いキャベンディッシュの森に広がる洞窟を目指す。そこは120年前、遠縁の叔父が珍しい洞窟壁画を調査中に仲間を皆殺しにして以来、誰も寄りつかなかった曰くつきの場所だった。車のハンドルを握るリーダー格のデイス、彼に想いを寄せる内気なクリス、奔放な金髪娘のメルと真面目なBFのチャド、そして悪戯好きなおどけ者のウォーレン。誰もが調査がてらの気楽なキャンプ旅行のつもりだったが、目の前に現れた大自然の光景は神秘的な美しさで彼らを圧倒する。下見を兼ねて、一行は軽く洞窟探検に出かけるが、アーニャは突如言い知れぬ恐怖に怯え、パニックの発作を起こして転倒。岩肌で腕を傷つけてしまう。乾いた大地に滴り落ちる鮮血。静かな森に一瞬、邪悪な波紋が広がった。

野営の準備も済み、若者たちは壁画の調査に向かう。壁に白く描かれたイカに似た異形の生物に興味を抱くデイス。アーニャは岩肌に残る赤茶けた手形に指を伸ばす。これは壁画を描いた者の署名だろうか……? そのとき、茂みから何かが飛び出し、クリスのふくらはぎを深く噛んだ。捕えてみると、それは異常に鋭く歯が伸びた赤目のウサギだった。

日が落ちて、テントの周囲は深い闇に包まれた。夜のしじまを裂き、鋭い悲鳴が響く。全裸で水浴びを楽しんでいたメルが蛭に襲われたのだ。白い肌に吸いつく蛭を剥ぎ取り、ぐったりと力の抜けた彼女を休ませる。だが、メルは高熱にうなされ、体の不調を訴えだした。半日かけて町へ戻り医者に連れてゆくか、このまま様子を見るか。意見がまとまらないうちにその容態は急速に悪化し、歯が抜け落ち始める。若者たちは慌てて車に乗り込むが、タイヤは得体の知れない無数の小さな昆虫に齧られてパンク状態。仕方なくメルをテントに戻し、夜が明けた。

早朝。テントから出たアーニャたちは、森のなかに背を向けて立つメルの姿を見つける。呼びかけに振り向いた彼女はウサギの死体を貪り食い、鮮血に染まるその口元には無数の牙が生えていた。と、突然、メルは超人的な跳躍力で宙を舞い、恋人のチャドを襲撃。腕の肉をザックリと噛み千切る。殴っても利かず、唯一恐れるのは火だけ。人喰い悪鬼に変身したメルは森に身を潜め、次々と仲間たちを襲い始める。想像を絶する異常事態にパニックに陥る若者たち。だが、まるで食人病が伝染するかのように第2の悪鬼が出現する。アーニャはようやく気づいた。この森には人間の理解を遥かに超えた未知なる存在がいる—。食うか、食われるか。出口なき血みどろの共喰い地獄に囚われた者たちの壮絶なサバイバルが幕を開ける。

スタッフ

監督・脚本:ジョシュ・リード
製作・原案:ナイジェ ル・クリスチャンセン
製作&音楽:ロブ・ギブソン
撮影:ジョン・ビギンズ
VFX:ダグ・ベイン
アクション・コーディネーター:グラント・ペイジ

キャスト

ゾー・タックウェル=スミス(アーニャ)
クリュー・ボイラン(メル)
リンジー・ファリス (チャド)
レベッカ・フォード(クリス)
ダミアン・フ リーリーガス(ウォーレン)
ウィル・トラヴァル (デイス)

LINK

□公式サイト
□IMDb
□この作品のインタビューを見る
□この作品に関する情報をもっと探す